ブランド別・補正下着口コミ辞典 » 正しい補正下着の選び方

正しい補正下着の選び方

ここでは、下着の種類別に、選び方やタイプ、つけ方などを解説をしています。補正下着は、ただ付けていればOKというものではありません。

着ける目的や効果にはどんなものがあるのかを知ることはもちろん、目的・用途によってさまざまな種類があること、また正しい選び方・つけ方などを知ることが重要です。

それに、「すべての女性にぴったり合う下着はない」ということもお忘れなく。サイズだけで商品を選ぶのはなるべく避けて、試着をするようにしましょう。

補正下着の上手な選び方

自分の体型をどうしたいのかをじっくり見極める

目的によって選ぶアイテムも違ってきます。どこをどうしたいのか、具体的に説明できるようにしておきましょう。

サイズの合わないものは着用しない

体に合わない下着を長期間使用していると、逆に体型をくずす原因になるだけでなく、血行不良や骨格の変化などによって体調に異常をきたすこともありますので、注意が必要です。

サイズが変わったら買い替えを

体型が変わってきたら買い替えをしましょう。そうしないと、せっかく正常な位置にもどした脂肪も、また元に戻ってしまします。

サイズがアップしたり、ダウンした時が買い替え時です。

補正ブラの選び方

どんな種類のブラジャーも、選び方を間違えれば効果は半減、身体のラインはデコボコ…なんてことになりかねません。

ブラジャーを選ぶ際に重要なポイントは、以下の5点です。

  • カップは、「はめる」というより「両サイドから支える」感触があるものを選ぶ
  • ブラのトップに乳頭がきているか
  • 体をひねってみた時、アンダーがずれないかどうか
  • カップの上部に食い込み・浮きがないか
  • 脇に食い込み・浮きがないか

ズレが気になるからといって、少しでも「きつい」と感じるブラを選ぶのはNGです。

きついブラジャーをつけていると肩にかかる負担が大きくなり、それが背中へ伝わり、姿勢の悪化や肩こりの原因になってしまいます。

サイズがぴったり合ったブラジャーとは、身体を動かこしてもアンダーやサイドがずれることがなく、かつ、きつく感じないものです。

補正ブラの種類

ブラジャーといっても、その種類はさまざまあり、それぞれ機能や効果も異なります。

あなたがブラジャーに求めるものはなにか。それをよく見極めながら、体型に合わせて選びたいですね。

フルカップブラジャー

バスト全体をすっぽりと包み、覆う形のブラジャー。安定感があってずれにくいので、大きなバスト向け。形をきれいに保つ力もあります。

3/4カップブラジャー

フルカップブラジャーの上部1/4が、胸の中心に向けて斜めにカットされているデザイン。

脇に流れた肉を胸に寄せる効果があるので、バストの薄い人、バストが離れている人におすすめです。

2/1カップブラジャー

フルカップブラジャーの上部分がカットされているデザイン。バストを下から引き上げる効果があるので、小さなバストも盛り上がりを作ることができます。

ロングブラジャー

バストからウエストのラインを整える効果の高いブラジャー。バストの位置を高く、姿勢を良くしてくれます。

ベアバックブラジャー

ストラップレスのアンダーの位置が低いタイプのブラジャー。背中のあいたドレスなどに適しています。

ビスチェ

ロングブラジャーと似ているが、脇(サイドライン)にボーンがはいり、補正力をさらに強化させたものです。

補正ブラの正しい着け方

では次に、ブラジャーの正しいつけ方をご紹介しましょう。これを知っているのと知らないのとでは、つけた後のシルエットに大きな違いが!

美しいラインを望むなら、しっかりチェックしておきましょうね。

  1. ストラップに腕を通し両肩をかけ、カップ下のアンダーバスト部分を合わせたら上半身を軽く前に倒します。
  2. バストをカップに入れ込みます。きちんと入っているのを確認してから、背中のホックをとめ、姿勢を元に戻してバストの位置を整えます。
  3. ストラップの長さを調節します。前を心持ち上げ気味に、後ろは低めに調節しましょう。
  4. カップ、ストラップの食い込みや浮きがないかどうか確かめます。

これできれいなバストラインが完成です!

補正ショーツの選び方

ショーツ選びで一番NGなのは、「小さいサイズのものをはく」こと。

お尻をなるべく小さく、コンパクトに見せたいからと言って、サイズの小さいものをはくと、ウエストや腰回り、太ももの付け根などからお肉がはみ出し、ラインがデコボコに崩れ、かえってバランス悪く見えてしまうものです。

ショーツは、お尻をしっかりと包み込み、丸みをつぶさないサイズのものを選びましょう。

補正ショーツの種類

ショーツの種類にもいろいろあります。まずは、全体の形による分類ですが、以下があります。

  • ローレグ…足ぐりのVカットが浅いタイプ
  • ハイレグ…足ぐりのVカットが深いタイプ
  • ビキニ…股上が浅く、サイドが狭いタイプ
  • ローライズ…股上が浅いデザインで、ローライズパンツをはいても見えないようにデザインされているタイプ
  • ヒップハング・ヒップハンガー(ボーイレッグ)…足ぐりが水平になった短パンのようなデザイン

次に、バックスタイルでの分類。

  • フルバック…お尻全体をすっぽりと包みこむデザイン
  • ブラジリアンカット…お尻部分も前部分と同じくV字型になっているタイプ。メーカーによっては総レースのフルバックをブラジリアンという場合も。
  • リオカット…ブラジリアンよりお尻部分のVカットが深く、お尻の半分程度を覆うタイプ。
  • Tバック(タンガ)…バックラインがT字型になっているタイプ。

色々とありますが、「補正」という意味では、やはりフルバックのものが1番適しているのではないでしょうか。

補正ショーツの正しい履き方

「たかがショーツでしょ?ただ履けばいいんじゃないの?」と言う方、ショーツもブラジャーと同様、「お肉をしっかりと包む」と言う点では同じ働きをするものです。

  1. ショーツをウエストまでしっかりと履きます。
  2. 足口、ヒップラインをしっかり整えます。

この時に確認したいのが、以下になります。

  • サイズはしっかり合っているか
  • 足口(太ももの付け根)が食い込んでいないか
  • ヒップラインにしっかりかぶっているか

補正下着をつける時は、なるべく専用のショーツを着用することをおすすめします。よりラインがきれいに整い、スタイルアップ効果も高くなります。

ガードルの選び方

ガードルは、お腹を引っ込めてヒップを持ち上げ、ロングタイプのものはさらに太ももを引き締めて、スマートな下半身を作り出すための補正下着です。

「ガードルをはいているのに、お尻が全然上がらない」「太ももが引き締まらない」という方、いませんか?

ガードルは、ショーツ同様、お尻を小さく見せたいがために小さいサイズを着用している人が多いと聞きますが、これはまったくの逆効果。

お腹やヒップを締め付け過ぎていると、はみ出したお肉が行き場を失い、ウエストや太ももにだんだんと移動してしまい、寸胴体型の下半身おデブさんになってしまう危険性もあります。

そんなことにならないよう、目的に合った、そして自分のサイズにピッタリ合ったガードルを上手に選びたいものですね。

ガードルの種類

ブラジャーにつぐ補正下着といえば、やはりガードル。補正下着の基本アイテムともいえるガードルにもさまざまな種類があります。体型や目的別に上手に使いこなしたいですね。

  • ショートタイプ…丈が短いショーツ感覚のガードル。足ぐりが深めのものが多い。
  • スタンダードタイプ…一般的な丈(足の付け根まで)のガードル。お腹。ヒップをバランスよく補正する。
  • ロングタイプ…ウエストから太ももまでをサポートするガードル。ひざ上やくるぶしまである超ロングタイプもある。
  • ハイウエストタイプ…ウエストラインより高めの部位から補正するタイプ。ウエストのラインがより強調される。
  • シームレスガードル…縫い目がないのでアウターにひびきにくい。
  • ショーツガードル…ショーツのように直ばきするタイプのガードル。

そして、生地や補正の強度によっても分類があります。

  • ソフトガードル…締め付け感がきつくなく、生地も柔らかなものが多い。
  • ミディアムガードル…一般的な締め付け度・生地の強度のガードル。
  • ハードガードル…生地の強度も強く、より補正力の高いものを望む人におすすめ。
  • タミーガードル…下腹部に菱形のカットが入り、お腹を引っ込める力が強いもの。

ガードルの正しい履き方

ガードルをはく時には、ショーツのように一気に履いてしまうのではなく、段階をふんでゆっくりと、しっかりと履くのが大切です。

  1. ウエスト部分を外に2~3回折り曲げ、はきやすいようにしてから両脚を通します。
  2. 両手でガードルの前の部分を持ち、おへその真中に前の中心が来るくらいまではき上げます。
  3. 後ろの部分を両手で持ち、ウエストまで引き上げます。
  4. 片手でヒップの下部分を押さえながら、もう片手をガードルの中へ入れてお尻のお肉をガードルに中にしっかりおさめます。
  5. ガードルの前後を持ち、ウエストラインが水平になるよう位置を調節。お腹を平らにするつもりで、中心から背中に向かってお肉をならします。

ロングガードルの場合は、2.の後に、以下のような着け方を心がけて下さい。

  1. 片手をガードルの中に入れ、ひざ上からお肉を引き上げるように持ち上げる(反対側も)。
  2. 脚を前後に開き、身体をひねってウエストにゆとりをつくる。
  3. 右脚に斜めに左手を入れ、ひざの真裏からお肉を引き上げる感じでお尻まで持ち上げる(反対側も)。

この時にチェックしたいのが、以下のポイント。ここまでできれば、あなたのヒップラインはきれいにに整っているはずです。

  • 履くときにキツすぎないか
  • 股部分は食い込んでいないか
  • 裾はめくれ上がっていないか
  • ウエストの位置は正しいか
  • お尻がつぶれていないか

ウエストニッパーの選び方

「ダイエットじゃ間に合わない、今すぐウエストにくびれがほしい!」そんな人にはウエストニッパーがおすすめです。

着けた瞬間から理想のくびれが手に入るニッパーは、一度使うと手放せなくなる人も多いのでは?

ウエストは、ショーツやガードル、パンストなどのウエストラインが重なる場所なので、お肉の動きも大きく、着崩れも起こしやすい場所です。

ウエストニッパーは、動きの激しいウエストのお肉を上下に分散させ、ウエストを細くするというもの。

ですから、サイズを選ぶ際には、上下にお肉を逃がす余裕があるかどうかをしっかりチェックしましょう。

上から手が入る、しゃがんだ時に苦しくならない程度のゆとりのあるものがよいでしょう。

ウエストニッパーの正しい着け方

ウエストニッパーは、一番細くなっている部分を自分の本来のウエスト部分に合わせるのが重要です。

本来のウエスト部分とは「肘」のあたり。今のあなたのウエストラインが、肘よりも上がっていたり下がっていたりした場合は、肘に合わせてニッパーの細い部分をあてましょう。

  1. サイドのカギフックを、下からつけていきます。(後ろにフックが来る場合は、前でつけてから半分に折り、回して着用します)
  2. 前中心をしっかり合わせます。
  3. 片手でウエストからアンダーバストに向かってお肉をすくい上げるように持ち上げ、ブラジャーのカップの内側に手を差し入れ、持ち上げたお肉を胸に向かって移動させます。(交互に)
  4. ニッパーがずれないよう、ガードルの中に入れ込みます。
  5. お腹を平らにするように、中心から背中に向かって手のひらでお肉をならします。
POINT

くびれ効果絶大のウエストニッパーですが、きついものを長期間つけすぎると血行不良を起こし、むくみなどの症状を引き起こすことがありますので注意が必要です。

また、補正力も強いので、誤ったつけ方を続けていると骨格にも悪影響を与えることがありますので注意してください。

「ボディスーツ」と聞くと、「きつそう」「苦しそう」という先入観が先に立って、「普段使いにはむいてないんじゃない?」と思う方も多いのではないでしょうか。

ドレスや体のラインがはっきり出るような服を着用する時に最適な補正下着ですが、日常でも着用することで姿勢が良くなり、バストが上向きになって全体のスタイルがアップする効果が!

きちんとサイズのあったものを選べば、身体と一体化してつけているのを忘れるくらいの心地よさも得られます。

ボディスーツの選び方

窮屈なイメージやちょっと大げさな感じのするボディスーツですが、実はメリハリボディを作り出すのには最適の下着。

素材も、ソフト・ミディアム・ハードと生地の強度によって分かれていて、自分に合ったものが選べます。

大切なのは、バスト・ウエスト・ヒップのバランスがしっかり合うかどうか。

バストの割にヒップが小さい人、またはその逆の人などは、どちらかに合わせるとこちらが合わず、ということになってしまうので、ボディスーツには向いていません。

また、胴長の人にもあまりおすすめできません。試着はもちろん必須です。

バストやヒップのふくらみをつぶさず、かつ、ウエストやお腹はしっかりサポートされているかがポイントになります。

ボディスーツを着用する時は、必ず正しい順序でつけるようにしましょう。時間をかけてゆっくりと、ガードルとブラジャーをつける要領で丁寧に着用します。

ボディスーツの正しい着け方

  1. クロッチのホックを止めてから、半分くらい折り返すか、半分くらいを大きくつかむようにして両手で持ちます。
  2. そのまま両脚を入れてゆっくりとウエストまで引き上げます。
  3. 前後を持って中心を合わせて再度引き上げます。
  4. お腹を平らにするように中心から背中に向かってお肉をならします。
  5. ストラップを両腕に通します。
  6. 片手でウエストからアンダーバストに向かってお肉を持ち上げるように引き上げ、ブラジャーのカップに手を差し入れて持ち上げたお肉を胸に向かって移動させます。(交互に)
  7. ストラップの位置、胸の位置、足口を整えます。

ボディスーツより気軽に使える「テディ」

「テディ」は、ボディスーツのブラジャーカップがないものをいいます。

ブラジャーとガードルの上から着用するもので、効果はボディスーツと同様ですが、ボディスーツよりも気軽に着用できるので最近では人気のアイテムとなっています。

また、バストを下から持ち上げる効果もあるので、バストアップにも最適。手持ちのブラやガードルとの組み合わせでしっかり補正ができるので、日常使いにも重宝する便利アイテムです。

編集部が口コミ、
品揃えなどで5番勝負!

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較

補正下着ブランド17社の中から、公式HPに価格が明示してあり、東京都内にサロンを持つ補正下着ブランド「ブルーム」「ダイアナ」「マルコ」の3社を比較しています。

口コミの数 価格帯 サイズ展開 アイテム数 カラー展開
ブルーム

ブルーム

引用元:ブルームリュクス公式HP https://www.bloom-style.jp/item/bloom/laceupsuits/

公式サイト

404 2,200~33,000 B65〜H85 17種類 4
マルコ

マルコ

引用元:マルコ公式HP https://www.maruko.com/lineup/curvaceous/

公式サイト

66 3,500〜70,000 A65〜F125 12種類 4
ダイアナ

ダイアナ

引用元:ダイアナ公式HP http://www.diana.co.jp/collection/ダイアジェンヌ-ボディスーツ

公式サイト

56 800〜42,000 公式サイトに
記載なし
10種類 3

左右にスクロールできます

※口コミの総数は、各ブランドの公式サイトおよびに公式通販サイトに掲載されたものから算出しています。(2020年2月28日調査時点)

5番勝負をもっと見る

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較