ブランド別・補正下着口コミ辞典 » 正しい補正下着の選び方 » 50代の補正下着の選び方

50代の補正下着の選び方

50代になると、40代の頃よりもさらに体型の崩れを感じやすくなったり、それまで使っていた下着に対して違和感を抱きやすくなったりと、補正下着に対する意識を高めていく女性も増えてきます。

ここでは、50代女性にとっての補正下着の選び方や、おすすめの補正下着ブランドなどについてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

50代にも需要がある補正下着

女性によって個人差があるものの、40代から50代にかけて閉経や更年期の影響による女性ホルモンの低下が始まり、50代は若い頃よりも代謝機能の低下や肉体の変化が顕著になってくる時期といえます。また、肌の保湿機能や肌細胞が弱ってきたことにより、全身のあちこちで肌や肉を支える力が弱まり、例えばバストでも垂れ下がってしまう様子が明らかになってきます。

特にバストは重力に従って垂直に下がるだけでなく、左右に広がって脇の方へ寄っていき、結果的にバストが脇肉となってずんぐりとした印象を生んでしまうこともあるでしょう。

加えて、体型の変化が進むことで、従来の下着では着用時に違和感を抱きやすくなるのも、40代や50代頃の女性に多い悩みといわれています。そのため、少しでも肉体的・精神的なストレスを軽減できるよう、自分にあった下着を選びたいと思うのは自然な願いといえます。

補正下着が選ばれる理由

普通の下着では合わなくなってきた

体のラインが崩れてくれば、バストでもカップに収まる脂肪の量が変わってしまい、それまで使っていた下着では着用時に不快感や違和感を抱く可能性も高まるでしょう。また、無理に小さい下着をつけたり、逆に大きい下着をつけたりすれば、サイズが合わずに一層ボディラインの乱れが進んでしまうかも知れません。

快適さと美しさの両立を目指して

暑さや寒さといった気温の変化に体が追い付かなくなったり、全体的に垂れてきた肉を締め付ける下着の感触が辛くなったりと、それまでは補正下着に意識を向けてこなかった女性でも、50代になれば下着と日常生活に関する悩みが増えてきます。

また、若々しくありたいと願う女性にとって、魅力的な姿で出かけたり、ファッションを楽しんだりしたいと考えることは自然です。

50代女性の悩みに応えられるよう企画・開発された補正下着では、通気性や肌触りにこだわった生地を使っているアイテムが多く、ファッション性やデザイン性を追求したものも少なくありません。

アクティブな生活をサポートする下着を求めて

現代ではアラフィフ女性でも家事や育児で忙しく過ごしていたり、社会に出てビジネスパーソンとして働いたりしている人が多く、社会人や女性としての魅力を大切にしながら、少しでもストレスを抑えた生活をしたいと考えることは当然です。そのため、日常的に自分の魅力を高めてくれる補正下着にニーズが集まりやすくなっています。

ある意味において、50代女性は最も下着に対して多くを要求する時期ともいえ、快適さ、機能性、美しさなど、あらゆる面をケアしてくれる高機能補正下着を求める人が増えています。

50代は要チェック!補正下着選びのポイント

ストレスを軽減しながら程よいホールド感

更年期の影響によって肌が敏感になったり、乾燥によってかゆみを感じやすくなったりと、50代になると若い頃よりもずっと素材や使用感に対する意識が強まってくることが特徴です。また、窮屈な補正下着を使っていることでストレスが増えてしまえば、イライラがつのりさらにホルモンバランスを崩すという悪循環を招きます。

そこで、50代女性が補正下着を選ぶ際は、肌ストレスや着用時の窮屈さが少ないアイテムを選ぶことが重要です。

ただし、締め付け感がなさ過ぎると、ボディラインを整えることができなくなるため、程よいホールド感を保てる補正下着を選ぶようにしてください。

柔らかくなった肉の垂れ下がりを幅広くサポート

50代女性の多くが、バストの垂れ下がりと広がりを実感しているともいわれており、ハリを失った肉をしっかりとサポートしつつ、適正な位置へキープしてくれる補正下着も重要です。

ポイントは、自分の現在の体型やバストの状態に合った補正ブラジャーを選ぶことです。また、ストラップの幅によって脇や背中に肉の段差を生じさせることもあり、補正下着に慣れていない女性は特に、実際に試着してから購入を検討するようにしてください。

肌質や体質に合った素材を選ぶ

更年期に入って汗をかきやすくなれば、通気性・吸水性・速乾性に優れた生地や素材が欲しくなります。体の冷えで悩んでいる女性にとっては、冬でも暖かく過ごせる下着があれば嬉しいでしょう。

現代の補正下着は縫製技術の進化や素材開発の進歩によって、高機能の製品も増えており、快適性を追求しながら自分のニーズに合ったアイテムを選べる幅も広がっています。

とはいえ、高機能補正下着を求めると費用面が気になってくるので、コストパフォーマンスに優れたアイテムを専門家へ相談することも大切です。

50代におすすめの補正下着メーカー

bloom

日本製の安心感と、機能性の高さから、幅広い世代の女性にファンを獲得している補正下着ブランドです。シームレスでストレスフルな使い心地と、総レースなどを採用したデザイン性の両方を追求しており、コストと面でも満足度を考えやすくなっています。

おすすめの補正下着:ボディスーツ

ロング丈のガードルからフルカップブラジャーまでが一体となった4色展開のボディスーツです。しっかりとした補正力を保ちつつ、前面にゴージャスなレース柄が採用、さらにメッシュ構造を活用して生地の通気性を高めていることも特徴となっています。

bloomの補正下着について
口コミ評判をもっと見る

マルコ

女性の体型を美しくサポートする「ボディメイクランジェリー」をコンセプトとして、多彩な補正下着を展開しているブランドです。機能性とラグジュアリー感を追求した結果、高価なアイテムが少なくないものの、口コミを見れば熱心なファンが多いことも分かります。

おすすめの補正下着:背中すっきり つつまれ美乳ブラ

オンラインショップ限定シリーズ「マキジェリーク」として、デザイン性と補正効果の両立を目指すブラジャーです。高級ランジェリーを思わせる外観でありながら、計算されたフルカップ設計でバストサイズを問わずふっくらとした美乳をサポートします。

マルコの補正下着について
口コミ評判をもっと見る

シャンデール

素材から仕上がりのスタイルまで、完全国内生産にこだわって下着作りを行っている補正下着の専門ブランドです。様々な女性のライフスタイルを想定して、スポーツウェアにも使われる素材や、エレガントなレース柄などを積極的に取り入れています。

おすすめの補正下着:ハイウエストガードル

上向きのヒップラインから、スッキリとした腰回りまでをサポートする、ハイウエスト型の短丈ガードルです。サファイアブルーの1色展開ですが、メッシュタイプのパワーネットとウエスト部分の総レース柄が、機能性と高級感の両立を実現しています。

シャンデールの補正下着について
口コミ評判をもっと見る

編集部が口コミ、
品揃えなどで5番勝負!

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較

補正下着ブランド17社の中から、公式HPに価格が明示してあり、東京都内にサロンを持つ補正下着ブランド「ブルーム」「ダイアナ」「マルコ」の3社を比較しています。

価格帯 アイテム数 カラー展開 サイズ展開 口コミの数

ブルーム

公式サイト

2,200~
33,000
17種類 4 B65〜H85 404

マルコ

公式サイト

3,500〜
70,000
12種類 4 A65〜F125 66

ダイアナ

公式サイト

3,500〜
42,000
10種類 3 公式サイトに
記載なし
56

左右にスクロールできます

※口コミの総数は、各ブランドの公式サイトおよびに公式通販サイトに掲載されたものから算出しています。(2020年2月28日調査時点)

5番勝負をもっと見る

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較