ブランド別・補正下着口コミ辞典 » 正しい補正下着の選び方 » 太ももをスッキリ見せたい

太ももをスッキリ見せたい

  

年齢を重ねるに従って、お尻の筋肉が垂れ下がりヒップと太もものラインが失われたり、太ももに余分な脂肪が付いたりしやすくなります。また、太ももに付いてしまった脂肪は下半身を大きく見せてしまう上、運動をしてもなかなか落としにくく、女性にとって悩みの種となっている場合も少なくありません。

そこで、太ももをスッキリ見せたいと悩んでいる女性のために、ここでは補正下着で太ももをスッキリ見せるためのポイントや、太ももをケアできるアイテムなどを紹介しています。ぜひとも参考にして、スッキリ太ももを手に入れてください。

補正下着で太ももの悩みを解決するポイント

太ももからお尻へスッキリ流せるもの

太ももとヒップのラインは、メリハリがあってスッキリした下半身を獲得する上で重要なポイントです。太ももの脂肪が気になっている人が、ヒップだけを引きしめる補正下着を使ってしまうと、太ももに肉の段差が生まれて逆に太さが印象づけられてしまうこともあります。また、補正下着の裾の状態によっては、太ももの中部や下部に段差が生まれてしまうこともあります。

そのため、太ももの悩みを補正下着で解消したい場合は、ヒップから太ももまでをカバーしつつ、引きしめるべき部分や支えるべき部分はしっかりとサポートして、力を逃がすべき部分は逃がしてくれる、着圧バランスの良いアイテムを選ぶことが大切です。

また、太ももとヒップのラインだけでなく、左右の太ももの間にすき間を作れるかどうかも、スッキリした印象を生むためのポイントです。

通気性が良くて長時間つけても快適なもの

太ももの肉をヒップへ持ち上げながら、スッキリした下半身やキュッと上向きのヒップをサポートしてくれる補正下着は心強いアイテムですが、素材によっては通気性が悪くて長く着ていられないものもあるでしょう。

特に、ヒップから太ももにかけては汗をかきやすかったり、座っている時にムレやすかったりと、不快さが気になる部分です。そのため、できるだけ通気性が良く、長い時間使っていてもストレスの少ない補正下着を選ぶことは、太ももの悩みをケアする際に重要です。

体にフィットした補正力があるもの

着圧が強い補正下着を使えば、それだけ引きしめ効果は期待できるでしょう。しかし、あまりにキツすぎる補正下着では、苦しさが強まってしまい、補正下着を使い続けることが嫌になってしまいます。また、逆にサイズが大きすぎる補正下着を選んでしまうと、そもそも適切な着圧を得られないので補正下着の意味がありません。

見た目のバランスを整えるためにも、着心地や快適さを向上させるためにも、自分の体型やサイズにピッタリとフィットして、適切な補正効果を発揮してくれる下着を選ぶようにしてください。

スッキリした太ももを実現してくれる補正下着

スッキリした太ももを実現してくれる補正下着としては、ガードルやロングガードルなどが一般的です。

ただし太ももの裏側やヒップラインは、自分で鏡を見るだけではなかなか確認しづらいので、補正下着の初心者はなるべくランジェリーショップなどでフィッターのアドバイスを参考にして、自分の体に合ったアイテムや着方を教えてもらうと良いでしょう。

なお、ガードルやロングガードルの股上・股下丈はメーカーによって差があるので、自分で補正下着を選ぶ場合は実際の数値をチェックすることも必要です。

ガードル

ガードルは、太ももとヒップをカバーする補正下着です。お尻から太ももへ垂れ下がってしまった脂肪を持ち上げて、太ももを引きしめつつ、丸みを帯びて女性らしいヒップラインを形成する効果も期待できます。

また、股上の深いガードルを選べば、ぽっこりと出てしまった下腹やウエストを引きしめて、体の中心部から下半身にかけてのラインを滑らかに整えることもできます。

ロングガードル

ロングガードルは、一般的なガードルよりも股下丈が長く、太ももを全体的にカバーしてくれる補正下着です。通常のガードルでは太ももに段差が生まれてしまう場合や、股から膝の上までをスッキリと見せたい人には、ロングガードルがおすすめかも知れません。

スッキリ太ももを実現してくれる:ブランド

MDN

MDNは、株式会社ブルームリュクスが2020年から展開を始めた補正下着ブランドです。フィッティングの現場で活躍するプロの声や、3,000人の女性の体型データを参考に開発された補正下着は、加齢によって変化した肋骨や骨盤にアプローチして、体の内側からの自然なボディメイキングを目指します。

「太ももとヒップを同時にカバーできる!」

ヒップアップ勿論の事、内腿に隙間が出来、太ももがすっきり細く見えていいです。着用感+補正力も気持ちいいです。

引用元:ブルームリュクスタイル公式HP https://www.bloom-style.jp/item/mdn/long_girdle/

ロングガードル

立体裁断によって部位ごとに着圧差を作り、太ももを引きしめながらも、ヒップトップをつぶさないバランスを追求しています。また、内ももと外ももにはパワーネットを2重に配置して、キュッとした太ももを整えてくれることもポイントです。さらに、クロスライン構造がヒップサイドから骨盤周りを押さえることで、ももの付け根から腰のラインもカバーします。

タムラ

株式会社タムラは、補正下着を中心として、様々な女性下着の企画から製造・販売までを行っているメーカー直営ショップです。フィッター歴30年の中野由美子マネージャーを中心に、女性デザイナーや女性スタッフがリーダーシップを発揮して、日本人女性の悩みに応える製品を生み出しています。

「見た目も使い心地もスッキリしていて快適」

履き心地が、すごくすっきりしています。着用時に夏場はちょっと手間取りましたが、後はお腹、骨盤、太ももまで気持ち良くフィットして一日着用していても楽でした。なによりうれしいのは、太もも部分のヘム仕上げが食い込まず、すっきりきれいに履けてとても良かったです。

引用元:楽天みんなのレビュー https://review.rakuten.co.jp/item/1/190289_10000660/1.1/

BFJ01 スキニーフィット ロングガードル

滑らかな肌触りと適切な着圧設定で、ストレスフリーな使い心地を目指して開発された「スキニーフィット」シリーズのロングガードルです。伸縮性と形状回復力を兼ね備えたジャガードヘム素材によって、フィット感を高めつつ快適性にも妥協していません。また、ヒップ周りから太ももへ3段階の着圧差を作り、バランスの良いスッキリ太ももを応援します。

マルコ

大阪市に拠点を置くマルコ株式会社は、2020年3月時点で全国に210店舗の直営ショップを展開している女性下着メーカーです。補正下着の他にも美容食品や化粧品など、美容に関連する様々なアイテムを取り扱っており、補正のボディメイキングをトータルサポートしています。

「ピッタリとしたパンツもはけるようになった!」

ロングガードルを履いて、スキニーパンツ姿を見たとき、来た時と違う、明らかに細くメイクできていると思いました。すごく嬉しかったです。帰り道は1人でスキップしてました笑。

引用元:マルコ公式HP https://www.maruko.com/contents/taiken_04/#

カーヴィシャス ロングガードル

曲線美を意味する「カーヴィシャス」を冠された、女性らしい下半身のライン作りを応援するロングガードルです。裏当てを使わない一枚仕様によってフィット感を高めながら、モールド加工で着圧パワーを部位ごとに切り替え、太ももからヒップにかけて丸みを帯びた曲線美を演出します。また、足の動きを妨げないメッシュ加工もポイントです。

ワコール

ワコールは、1946年創業の国産女性下着メーカー、株式会社ワコールホールディングスが世界規模で展開するファーストラインです。直営工場が製造したアイテムはもちろん、下請工場による品も全て自社で最終チェックを行うなど、メイドインジャパンの品質にこだわっています。

「年齢による下半身コンプレックスへアプローチ」

歳と共にたるんだお尻のラインが気になり、パンツが履けなくなっていました。これは本当に引き締めてくれる。すごいと思いました。もう1枚購入を考えています。

引用元:ワコール公式通販HP https://store.wacoal.jp/disp/01_GRC486.html

SUHADA 肌リフト STEPパンツ ロング

ワコールが取得している複数の特許技術が結集した、体型補正効果に加えてエクササイズ効果も追求されているロングガードルです。素肌へ直にはくことでフィット感とヒップアップ効果を高めながら、ソフトな肌触りを特徴とするオリジナル生地「NANOテープ」で着用時のストレスを軽減しています。カラーごとの柄デザインが異なることも魅力です。

ブラデリスニューヨーク

ブラデリスニューヨークは、補正下着としての機能性と、ランジェリーとしてのデザイン性を一緒に追求する、欲張りな女性のためのファンデーションブランドです。補正下着ビギナーでも安心してオンライン購入できるよう、採寸用キットの無料提供も行っています。

「フィット感がちょうど良い」

ハイウエスト気味なガードルが欲しかったので、早速買いました。
きつすぎず、ゆるすぎず丁度良いですが、お腹をもうちょい押さえて欲しいのと、色ももっと種類を増やして欲しいです。
ガードルだからいいのかもしれないですが、ピンクとかの方が気分が上がります。

引用元:ブラデリスニューヨーク公式HP https://shop.bradelisny.com/shop/products/detail.php?code=DB320201

MP308 桃ソフトガードル(ステップ2)

伸縮性に優れたパワーネットを太ももとヒップで使い分け、着圧差にメリハリをつけて、スッキリした太ももと丸みを帯びた桃尻を整えます。2分丈ガードルはパンツスタイルでもスカートでも合わせやすく、足口がヘム仕様となっているのでフィット感のあるアウターでも影響しにくい点が特徴です。ガードル初心者にもおすすめのアイテムです。

太ももが太い原因

太ももが太い原因として、セルライトの存在があります。セルライトは余分な水分や老廃物をためこんでしまった脂肪細胞のことを指し、一度できてしまうと簡単に除去することはできません。

セルライトはおしりや太ももにできやすく、多くの女性がセルライトによる太ももの太さに悩んでいます。

セルライトを防ぐには、老廃物をしっかりと排出することが大切です。老廃物の停滞を防ぐには、果物や海藻などのカリウムを豊富に含む食品を摂取するとよいでしょう。

また、生活習慣もセルライトと大きくかかわりがあります。甘いものやお菓子、お酒を日常的に口にしていたり、カフェインを多量に摂取していたり、運動不足だったりするとセルライトができやすいといわれています。

骨盤が歪んでいる

骨盤が歪んでいると、下半身の血流が悪くなり、老廃物の排出がうまくできなくなります。その結果、足がむくみ太ももが太くなってしまいます。

日常生活の中で正しい姿勢で過ごせている人は多くありません。ほとんどの人が悪い姿勢を取っていることが多く、その姿勢は骨盤にも影響を与えています。

足を組んで座ったり、片足に重心をかけて立ったりする姿勢に、心当たりがある方は多いでしょう。こういった姿勢を日常的に行っていると、体のバランスが崩れて骨盤にゆがみが生じてしまいます。

骨盤のゆがみが与える影響は、足の太さだけではありません。便秘やおなかのぽっこり、冷えといった症状も招く恐れがあります。

女性の場合、ホルモンバランスによって骨盤が緩むタイミングがあり、男性よりも骨盤が歪みやすいといわれています。妊娠・出産をきっかけに、開いた骨盤が歪んでしまうというケースもあります。

筋力が低下している

足の筋力の低下によって、太ももが太くなるケースもあります。とくに内ももやふくらはぎの筋肉は衰えやすく、筋力が低下するとタプタプとした内ももになりやすくなります。

ふくらはぎの筋力が低下していると、リンパの流れが悪くなり老廃物が停滞しやすくなります。デスクワークの時間が長い方や運動習慣のない方は、下半身の筋力が低下しやすいので注意してください。

下半身の筋力が低下すると、セルライトやむくみにつながりやすくなります。

塩分の摂りすぎ

塩分を摂取しすぎると、上昇した血中の塩分濃度を解消するため、血管に水分が集まってきます。その余分な水分は血管の周りの細胞に取り込まれてしまい、むくみの原因になってしまいます。

まず塩分を摂りすぎないことが大切ですが、むくみが気になるときはカリウムを摂取するとよいでしょう。カリウムはナトリウムを尿と一緒に排出してくれるため、余分な水分によるむくみの解消が期待できます。

カリウムはバナナなどのフルーツや海藻で摂取ができるので、積極的に取り入れましょう。

塩分が多い食べ物は控える

むくみやセルライトの発生を避けるためには、塩分の多い食事を控えることが大切です。添加物の多い食品も、控えたほうが良いでしょう。

塩分・添加物の多い食品には、インスタント食品や加工食品、お菓子、ケーキ、ソーセージやハム、アンチョビ、スパムなどが挙げられます。

食事の際には、調味料を使用しすぎないこともポイントです。

水分が不足している

人間の体は約60%が水分でできているといわれています。その水分が不足すると、血液の流れやリンパの流れが滞ってしまい、うまく排出できなくなってしまいます。排出されなかった老廃物はセルライトやむくみの原因となり、太ももが太くなることにつながるのです。

毎日2リットルの水を飲むといいといわれていますが、慣れていない人にとって1日で2リットルの水を飲むことは簡単ではありません。

たくさん飲むことが難しい場合は、意識的に水分を摂取し、体が水分不足にならないよう注意してください。

冷えからくる代謝の低下

筋肉量が低下して脂肪が増えると、体は冷えやすくなり代謝が低下してしまいます。とくにセルライトができてしまうとより冷えやすくなってしまうため、代謝が低下し脂肪の燃焼ができないという悪循環を招いてしまいます。

冷え性の対策としては、適度な運動で筋肉量を増加させ、入浴やストレッチで全身をあたためることが効果的です。

参照元:銀座ファインケアクリニック(https://www.ginzafine.com/column/lower-body-fat/)

編集チームが口コミ、
品揃えなどで5番勝負!

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較

当サイトで紹介している補正下着ブランドの中から、公式サイトに価格が明示してあり、東京都内にサロンを持つ補正下着ブランドを調査。公式サイトおよび公式通販サイトの口コミの総数(※)が多い順に3社を比較しています。※2020年1月時点

価格帯 アイテム数 カラー展開 サイズ展開 口コミの数

ブルーム

公式サイト

2,200~
33,000
17種類 4 B65〜H85 404

マルコ

公式サイト

3,500〜
70,000
12種類 4 A65〜F125 66

ダイアナ

公式サイト

3,500〜
42,000
10種類 3 公式サイトに
記載なし
56

左右にスクロールできます

※口コミの総数は、各ブランドの公式サイトおよびに公式通販サイトに掲載されたものから算出しています。(2020年2月28日調査時点)

補正下着の口コミを含めた
5番勝負をもっと見る

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較