ブランド別・補正下着口コミ辞典 » 正しい補正下着の選び方 » 30代の補正下着の選び方

30代の補正下着の選び方

  

30代に入ってくると、徐々に女性の肉体は加齢の影響を受けて外見的にも変化を見せ始め、胸のたるみやヒップの垂れ下がり、ぽっこりお腹など補正下着で解決したい悩みも増えてきます。

ここでは30代女性にとって注意すべき補正下着の選び方や、30代女性のボディラインの悩みにアプローチしてくれるおすすめ補正下着などについてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

30代にも需要がある補正下着

30代の半ば頃になると少しずつ体の代謝機能や筋力が低下していき、20代の頃の生活習慣や食習慣、運動習慣の蓄積が目に見える形で現れるようにもなってきます。そしてその結果、胸の筋肉が衰えてバストが垂れ下がってきたり、太ももの筋肉が衰えて脂肪がつきやすくなったりと、ボディラインの悩みが増えてくることも自然なことです。

また、仕事や家事、育児でのストレスや、妊娠・出産による体型変化の影響もあり、自分一人でトレーニングやダイエットをがんばろうとしても、なかなか成功しないことは珍しくありません。

そこで、30代女性にとって体の気になる部位をサポートしてくれたり、全身をトータルで支えてくれたりする補正下着は魅力的なアイテムです。

また、30代後半からさらに加速していく年齢の影響へ事前に備えられるよう、30代の間に自分に適した補正下着の選び方に慣れておくことも大切です。

補正下着が選ばれる理由

筋肉と代謝機能の衰えによる体型変化のケア

胸の筋力が低下すれば、重力に対抗してバストをキープすることが難しくなり、胸の肉が垂れ下がるだけでなく左右に広がっていくようになります。また、背中の筋肉が弱ってしまえば姿勢が悪くなって脂肪がつきやすくなったり、下半身の筋肉が弱まることで太ももやヒップラインが崩れたりといった悩みも増えていくでしょう。加えて、代謝機能が低下することで肌細胞のうるおいが低下し、一層に皮膚が垂れているようにも見えてきます。

筋力や代謝機能は、生活習慣の改善やトレーニングによってある程度まで回復できるものの、すぐに効果を得ることは難しく、無理な方法で体を壊すリスクもあります。

そのため、自分自身でライフスタイルを見直しながらも、適切な補正下着で体をサポートしてもらうことは重要なポイントです。

将来を考えたボディケア

体の変化はまず内側から始まっていき、目に見える形で変化が現れる頃にはもう、簡単に改善させることが難しくなっています。そのため、体型に関する問題や悩みが深刻化する前に、早め早めの対策として補正下着を活用していくことも大切です。

また、補正下着には姿勢を改善して日常生活の健全化を応援してくれるものもあり、良い姿勢をキープしてインナーマッスルを鍛えておくことで、10年後、20年後の体型の乱れを少なくすることができるかも知れません。

産後や授乳期間終了後のボディケア

30代で妊娠・出産をする女性も多い一方、20代と比べて30代では出産や授乳によるボディラインへの影響がなかなか元に戻らず、そのまま体型が固定化されてしまうといったケースも珍しくありません。そのため、産後の骨盤ケアや授乳期間後のバストケアとして、補正下着を活用する女性もたくさんいます。

どのような補正下着を選べば効果的に体型のケアを行えるのか、専門家のアドバイスも参考にしながら、自分に合った下着を探すことが大切です。

理想の体型を維持するため

代謝機能や体の衰えはなくても、忙しくボディケアができないという方もいるでしょう。どの年代でも同じですが、食事や運動など生活習慣に気をつけないと、すぐにボディラインは崩れてしまいます。

そのため、理想の体型をキープするために補正下着を着用する方も多くいるようです。もちろん健康的な生活をすることが一番ですが、日常的に着ける下着を変えることでより美しいボディラインをつくることが可能。

10年後も今の体型を維持したいのであれば、早めに補正下着を検討しても良いでしょう。

30代は要チェック!補正下着選びのポイント

体の悩みを把握して適切な効果を選ぶ

一口にバストが垂れ下がってきたといっても、サイズによる影響や肉の付き方による影響もあり、その状態は様々です。また、下半身をスッキリ見せたい場合でも、太ももを引きしめれば良いのか、お尻のラインを整えれば良いのか、女性によって求められる効果は異なるでしょう。

そのため補正下着を選ぶ際は、まず自分の体がどのように変化していて、どのような効果が得られれば理想のボディメイキングを行えるのか、正しく検討することが欠かせません。

特に、補正下着を初めて着用する女性は、素人判断に任せて下着を選ぶのでなく、ボディフィッターやボディコンサルタントといったプロの助けを借りることも重要です。

体のサイズに合った補正下着を選ぶ

補正下着を選ぶ際に失敗しがちな理由の1つとして、サイズに合っていない下着を選んだせいで、ストレスや痛みが生じて下着を使い続けられなくなるといったものが挙げられます。

補正下着は体型に合ったものを選ぶことで、初めて適正な効果を発揮できるように設計・開発されており、単に窮屈なものを選べば良いというわけではありません。また、各メーカーによってもサイズや形状で微妙に差があるため、きちんとフィッティングを行うことが大切です。

自分で納得して使える補正下着を選ぶ

体型の悩みやコンプレックスを改善するために補正下着を選ぶ時、義務感に駆られて下着を選べば、補正下着そのものに苦手意識が芽生えてしまうこともあります。

補正下着は単なる体型矯正装置でなく、あくまでも日常的に着用するファッションアイテムの一部です。そのため、デザインや素材など、使い心地や見た目にもこだわって下着選びを行うことが肝要です。

その他、通気性や保温効果など、季節ごとの使い心地を気にすることも忘れないようにしてください。

30代におすすめの補正下着メーカー

MDN

女性の骨盤や肋骨など、体の内側をサポートする補正下着によって体型を整えていくことをコンセプトにした、2020年7月生まれの補正下着ブランドです。bloomの姉妹ブランドでもあり、国産下着の品質や機能性を追求しながら高級感のあるデザインにもこだわっています。

おすすめの補正下着:セミロングブラジャー

肋骨ケアをコンセプトにして開発された補正ブラです。アンダーバストまでしっかりカバーすることで、バストの位置をキープしつつ、脇肉や背中の肉の段差を予防しています。また、カップには特許取得技術の「3Dフィットワイヤー」が採用されており、ストラップレスでも使用可能です。

MDNの補正下着について
口コミ評判をもっと見る

タムラ

女性の「人生をデザインする」というコンセプトにもとづいて、補正下着の企画・設計・開発を行っているブランドです。補正下着を長く愛用してもらえるよう、機能性だけでなく着心地にもこだわっており、着用中でも動きやすいアイテムが多くなっています。

おすすめの補正下着:スキニーフィット ボディシェイパー

素肌のようなフィット感を目指して開発された、上半身をトータルカバーする補正下着です。使用されているジャガードヘム素材はタムラが独自に開発した生地であり、柔軟さと伸縮性の両方を追求されています。また、1枚の生地で補正効果のバランスを保ち、肌に触れるストレスを軽減していることも特徴です。

タムラの補正下着について
口コミ評判をもっと見る

ダイアナ

女性の美を総合的にサポートしているメーカーであり、補正下着についてもサロンでのボディチェックと併用して、最適な下着選びを基本としているブランドです。補正下着としての機能性や品質を重視しており、立体構造による補正効果の向上が計算されています。

おすすめの補正下着:リセ グラマラス ガードル

下腹部から太ももまで幅広い範囲をカバーしているガードルです。前面のレース模様でオシャレなデザインを演出しながら、腹部をスッキリと引きしめつつ高めのヒップトップをサポートします。ウエスト部分に伸縮性に優れた2cm幅テープを採用し、段差を抑えつつお腹周りを補正します。

ダイアナの補正下着について
口コミ評判をもっと見る

30代にありがちな体型の悩み

30代になると基礎代謝が落ちたり女性ホルモンが減ってしまったりして、体質が変化しがちです。特に37~39歳はこのような変化が現れやすく、30代のスパイラルポイントとも呼ばれています。

以下に体型の変化による悩みを部位別にまとめました。

  • バスト

    上胸が痩せてしまったり、バストが下がってきてしまうなどの形が崩れてきてしまう悩みを抱えてしまったりすることがあります。下がってきたバストの位置やバストサイズの変化は補正下着で補うことが可能です。

  • ウエスト

    30代になると基礎代謝が20代の頃よりも下がってきてしまい、お腹周りが痩せにくくなってしまったり、バスト周辺のボリュームが減ったりたるみが出てきてしまうなどの体形の変化が現れやすいです。また、お腹の冷えも脂肪を蓄えやすくしてしまいます。補正下着を使うことでウエスト周りをくびれのあるボディラインにしたり、お腹周りの冷えを抑えたりすることが可能です。

  • ヒップ・太もも

    ヒップがたれてきてしまったり、ヒップと太ももの境がわかりにくくなってしまったりすることがあります。ガードルを着用することでヒップアップや太もも・ヒップなどが引き締まるように促すことも可能です。

30代におすすめの補正下着とは

30代を迎えると、20代と比較して基礎代謝の低下や女性ホルモンの減少といった変化が現れやすくなり、お腹周りのたるみや・バストのボリューム低下に悩んでしまうことも少なくありません。

補正下着は、そのような悩みを解消できるように骨盤の引き締めやバストの位置の調整といった様々な機能でサポートしてくれます。悩みに合った補正下着を使用することで、美しいボディラインになるようにサポートしてくれることが期待できるでしょう。

たとえばバストが下がる、上胸が痩せるといったバストの位置・サイズや形の変化には、バスト位置をアップさせてくれるショートブラジャーとバストとお腹周りまでカバーしてくれるロングブラジャーがおすすめ。悩みの解決や理想の体型などが叶えられる補正下着を選び、整ったボディラインを保持できるようにしましょう。

編集部が口コミ、
品揃えなどで5番勝負!

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較

補正下着ブランド17社の中から、公式HPに価格が明示してあり、東京都内にサロンを持つ補正下着ブランド「ブルーム」「ダイアナ」「マルコ」の3社を比較しています。

価格帯 アイテム数 カラー展開 サイズ展開 口コミの数

ブルーム

公式サイト

2,200~
33,000
17種類 4 B65〜H85 404

マルコ

公式サイト

3,500〜
70,000
12種類 4 A65〜F125 66

ダイアナ

公式サイト

3,500〜
42,000
10種類 3 公式サイトに
記載なし
56

左右にスクロールできます

※口コミの総数は、各ブランドの公式サイトおよびに公式通販サイトに掲載されたものから算出しています。(2020年2月28日調査時点)

5番勝負をもっと見る

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較