ブランド別・補正下着口コミ辞典 » 正しい補正下着の選び方 » 20代の補正下着の選び方

20代の補正下着の選び方

  

補正下着には様々な種類や効果があり、20代女性のように若い人にでも補正下着を効果的に活用することで、美しいボディラインを目指したり、ボディケアを行ったりすることが可能になります。

ここでは、20代女性ならではの補正下着の選び方や、おすすめの補正下着ブランド・アイテムについて、分かりやすくまとめました。

20代にも需要がある補正下着

20代前半はまだ加齢による影響を気にする時期でないかも知れません。また、若い頃は生活習慣や食習慣の乱れがすぐに体型変化をもたらすとは限らないでしょう。しかし、20代半ばから後半にかけて徐々に体内の変化が体型にも表れるようになり、30代に入ってから慌てても、なかなかダイエットやシェイプアップの効果が得られないことがあります。

そのため、単に外見的な美しさを追求するだけでなく、早めのエイジングケアとして、20代から補正下着を活用していくことには価値があるといえます。

また、補正下着にはバストアップをサポートしたり、美しいヒップラインを支えたりと、女性の肉体をより魅力的に見せる効果が期待されているものもあり、生まれつきの体質やコンプレックスを解消する上でも補正下着が役立つケースは少なくありません。

補正下着が選ばれる理由

バストの悩みを解消したい

バストサイズが小さかったり、大きかったりという悩みは、多くの女性にとって重要な問題です。そのため、バストの悩みを抱えている20代女性にとって、バストのサイズや形を整えてくれる補正下着は効果的なアイテムといえます。

また、20代後半にさしかかると徐々にバストの肉が重力に負けてくることもあり、早めのボディケアとして補正効果を備えたブラジャーを活用することは、将来的にも大切なことといえるでしょう。

お尻の悩みを解消したい

ダイエットによってお尻が小さくなってしまったり、反対に下半身にお肉が付いてお尻が大きくなってしまったりと、お尻に対するコンプレックスも人それぞれです。また、運動不足や生活習慣の影響でお尻や太ももの筋肉が弱まり、お尻が垂れてしまうこともあります。

その他、妊娠・出産によって下半身のボディラインやヒップラインが変化してしまう女性もおり、骨盤やヒップラインへアプローチしてくれる補正下着を上手に使うことは、産後ケアとしても重要なポイントです。

スッキリとした太ももやくびれを獲得したい

タイトなファッションスタイルを選んだり、華やかなパーティでドレッシーな服装を楽しみたいと思ったとき、太ももやウエスト周りが気になってしまうこともあるでしょう。

そのような場合、ボディスーツやコルセット、ボディシェイパーといった補正下着を組み合わせることで、スッキリとした太ももやメリハリのあるくびれを目指すことも可能です。

ただし、補正下着はただ締め付ければ良いというものでなく、あくまでも自分の体型や目的にマッチしたアイテムを選ぶことが欠かせません。

自分のボディラインに自信がもてるようになる

20代女性が補正下着をつける理由は「もっとスタイルを良く見せたいから」が多いようです。「あともう少し太ももがすっきりしていたら…」「バストが離れているのがコンプレックス」などなど。結婚式やパーティーでドレスアップするときなど、ここぞというときに補正下着の力を借りる人もいるかもしれません。

補正下着は正しく着用することでボディラインを美しく見せてくれます。バストアップやヒップアップ、美しいくびれなどが叶い、自分のボディラインに自信がもてるようになったら素敵ですよね。

ただ、補正下着の力に頼りきってしまうのではなく、生活習慣の見直しや適度な運動で美ボディを目指すことも忘れずに。

また、きつめの補正下着の方が細く見える!などとサイズの合わない下着をつけるのもおすすめできません。サイズの合わない下着はかえって体型を崩すことにつながるため、自分の今のサイズに合った補正下着を正しく着用しましょう。

20代は要チェック!補正下着選びのポイント

補正下着は目的に合っているものか

補正下着には色々な種類があり、アイテムによって目的も異なります。例えば補正ブラでも、バストを大きく見せたいのか、それとも形を整えてサイズダウンをしたいのか、どのような服装に合わせたいのかなど、使用する理由や状況が変わります。

補正下着の効果を適切に発揮させるためには、まず自分のニーズに合ったアイテムを選ぶことが欠かせません。

そのため、補正下着によってどのような効果を得たいのか、きちんと目的意識を持った上で、正しい下着選びを心がけることが必要です。

自分の体型にマッチしているか

補正下着は、単に引きしめ力が強ければ良いというものではありません。むしろ、体のサイズやボディラインに適合していない補正下着を使うことで、着用時のストレスを高めたり、血行を悪くして逆にむくみやすくなったりといったデメリットが強調されるリスクもあります。また、補正ブラではきちんと自分の胸のサイズにマッチした下着を選ばなければ、補正効果を期待できないばかりか胸の形が悪くなってしまう恐れもあるでしょう。

補正下着を選ぶ上で大切なことは、自分の体型やサイズに正しくマッチしたアイテムを選ぶことです。また、初めて補正下着を試す時は、正面から鏡を見るだけでなく、できればプロのフィッターなどに後ろ姿なども確認してもらい、全身のバランスが整っているかどうかも注意しておきましょう。

素材とデザインで本当に使いやすい下着を選ぶ

朝から晩まで着用している下着では、生地の素材や加工方法による使い心地も大きな問題です。特に、敏感肌の人や補正下着にあまり慣れていない人であれば、補正下着をつけるだけでストレスを感じることもあり、可能な限りリラックスして使える素材を選ぶこともポイントです。

また、補正下着だからといってデザイン性を無視せず、自分の好みに合ったデザインを選ぶことで、楽しみながら補正下着を使える余裕も生まれます。

20代におすすめの補正下着メーカー

bloom

補正効果とデザインの両方にこだわりながら、買い替えやすい価格帯の補正下着の販売も追求しているメーカーです。補正下着としての機能を追求しつつ、可愛らしい下着を選びたい20代女性におすすめできるアイテムが数多くラインナップされています。

おすすめの補正下着:3/4カップブラジャー

20代女性にも愛用者の多いアイテムです。しっかりとバストをキープしながら、背中や脇肉の段差を解消することで、スッキリとした印象を目指せる補正ブラです。レースデザインやカラーバリエーションによって、良い意味で補正下着らしくないデザイン性を叶えています。

bloomの補正下着について
口コミ評判をもっと見る

ブラデリスニューヨーク

「育乳ブラ」を始めとして様々な補正下着を展開しているメーカーです。購入時のカウンセリングや購入後のサポートで、初めて補正下着を使う女性でも安心して自分に合った下着を検討することができる他、直営店のボディフィッターによるアドバイスも人気です。

おすすめの補正下着:桃尻ボトム(モモパンツシリーズ)

ブラデリスが美しい「桃尻」を目指して開発した補正ショーツシリーズとして、複数のアイテムがラインナップされています。ショーツの形状やカラーバリエーションが多いことも特徴であり、中には12色を展開するアイテム(ハイレグショーツ)なども用意されています。

ブラデリスニューヨークの補正下着について
口コミ評判をもっと見る

ワコール

全国的に取扱店が多く、複数のブランドを展開しているメーカーです。スポーツに取り組むティーンやアクティブに働く女性、子育てをがんばるママまで、幅広いライフスタイルにマッチした補正下着を取りそろえており、自分の目的にマッチしたアイテムを探せます。

おすすめの補正下着:SUHADA 肌リフトボディセパ

ワコール独自の超極細繊維「NANOテープ(特許 第5296901号)」を活用によって、ソフトな肌触りと補正力を同時に追求したボディスーツです。腹部・脇腹・背中をトータルサポートしながら、リラックス感も大切にされているスリムシルエットが特徴です。

ワコールの補正下着について
口コミ評判をもっと見る

20代にありがちな体型の悩み

20代前半では「脚が太い」「バストが小さい」など、年齢とは関係がないような体型の悩みが多いでしょう。

しかし20代後半ともなると、年齢を重ねるにつれ「そろそろヤバいかも…」と体型の崩れを感じる人が増えてきます。10代や20代前半の頃と比べてお肉にハリがなくなり、「バストが下がってきたかも…」「お尻が垂れてきた…?」と危機感をもち始めるのです。エクササイズだけではなかなか解決せず、いよいよ補正下着の着用を検討し始める人も増えてきます。

20代後半は体型の曲がり角!

20代後半に体型の悩みが深刻になってくる理由は、女性の体の変化と関係があります。女性の体は24~26歳頃に変化の時期を迎えるといわれており、「体型の曲がり角」と考えられているのだとか。そこで、体型の曲がり角を迎えた女性の体がどう変化していくのか、バストとヒップを例に紹介します。

  • バスト
    10代~20代前半の頃のバストは丸みがあり上向きのバストです。理想の状態ですが、年齢を重ねるにつれデコルテ部分のお肉が薄くなり、ボリュームがダウン。その後バストの下部がたわみ、下向きバストへと変化していきます。そして最終的にはバストが横方向にも流れ、ハリがなく離れた下向きバストへと変わってしまいます。
  • ヒップ
    10代~20代の頃のヒップは丸みがあり、横から見たときに半円形のような形をしています。しかし年齢を経るにつれだんだんと丸みが崩れ、下部がたわんだ状態に。やがてくびれの形も曖昧になり、ヒップの頂点が下がって、内側にお肉が流れてしまうのです。そのため、ヒップ部分がぴったりとしたボトムスが格好良く決まらなくなり、垂れたヒップを隠す洋服を選ぶ人も多いでしょう。

出産を機に体型が大きく変化する人も

妊娠・出産を機に体型が劇的に変化してしまう人もいます。妊娠・出産によってダメージを受けたことで体型が崩れ、くびれのないウエストにたるんだお腹、ハリのない大きなヒップに悩む人も…。元の体型に戻せるかどうかは産後5ヵ月が勝負といわれていますから、補正下着でしっかりケアしてあげたいですね。

20代女性に必要な補正下着とは

体型の曲がり角を迎え、バストやヒップを中心に体型崩れが始まっていく20代。とくに20代後半では補正下着の早めの着用がおすすめです。

補正下着にはバストアップしたりヒップアップのほか、太ももを引き締めたり姿勢を正したりとお肉を正しい理想的な位置に導いてくれる効果が期待できるでしょう。体型の曲がり角を迎えた時点で補正下着を正しく着用する習慣があれば、その後の体型崩れを防ぎやすくなります。

まずは気になっている部位にアプローチ可能な補正下着を選ぶことが大切。補正下着には美しいボディラインを目指すうえで不足している部分を補い、余分な部分のラインを整える役割があります。そのため、補正下着を身につけることで理想の美ラインを手に入れられるでしょう。

編集部が口コミ、
品揃えなどで5番勝負!

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較

補正下着ブランド17社の中から、公式HPに価格が明示してあり、東京都内にサロンを持つ補正下着ブランド「ブルーム」「ダイアナ」「マルコ」の3社を比較しています。

価格帯 アイテム数 カラー展開 サイズ展開 口コミの数

ブルーム

公式サイト

2,200~
33,000
17種類 4 B65〜H85 404

マルコ

公式サイト

3,500〜
70,000
12種類 4 A65〜F125 66

ダイアナ

公式サイト

3,500〜
42,000
10種類 3 公式サイトに
記載なし
56

左右にスクロールできます

※口コミの総数は、各ブランドの公式サイトおよびに公式通販サイトに掲載されたものから算出しています。(2020年2月28日調査時点)

5番勝負をもっと見る

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較