ブランド別・補正下着口コミ辞典 » 正しい補正下着の選び方 » 冬用の補正下着

冬用の補正下着

  

女性の体は季節によって、汗をかきやすかったり冷えやすかったりと大きく変化します。そのため、季節ごとに補正下着に求める効果や特性も大きく変化するのです。

このページでは、冬用の補正下着の選び方などについてまとめています。

冬に需要のある補正下着

気温の低下とともに体も冷えやすくなる冬。冷えは「万病のもと」とも言われるように、肩こりや腰痛を始め、生理痛や不眠などありとあらゆる体の不調を引き起こす原因ともなります。肌触りがよく、温度変化から身体を守ってくれる「コットン」や体温調整の役割も果たす、保温性の高い「ウール」などの素材が使われているような、厚手で着心地の良い補正下着を着用することで、冷えから体を守ってくれるでしょう。

また、冬でもウィンタースポーツなどで汗をかく可能性もあります。速乾吸収性のある補正下着も合わせて用意しておくことで、状況によって使い分けることもでき大変便利です。

補正下着が選ばれる理由

体温を暖かく保ちたい

体型を理想に近づけるために着用するのが補正下着です。ですが寒い冬には体温を保ち、冷えから体を守る効果も求められます。ふと自分のお尻や足元を触った時に、冷たくて驚いた経験はありませんか?触った時に自分の手よりも冷たいと感じたら、それはもう冷え性ということになります。 シルクやウールなど、保温性の高い補正下着を着用することで、冬でもポカポカな体を目指しましょう。

ボディラインに自信を持ちたい

いくら厚着をする冬だからと言って、補正下着を着用しなくても良いわけではありません。冬でも、姿勢を矯正してくれたりお腹周りをスッキリと整えてくれたりする効果のある補正下着を着用することで自分の体型に自信をあたえてくれ、生き生きとした毎日が過ごせるでしょう。

冬に要チェック!補正下着選びのポイント

キツすぎではないか

より理想を追い求めた結果、自分の体のサイズにあってない補正力の強すぎる下着を選んでしまう場合があります。しかし、きつすぎる補正下着を着用することによって、下着の跡が残って色素沈着を引き起こしてしまったり、血流が悪くなることでむくんでしまったり、逆に冷えを引き起こしたりとトラブルが発生する可能性も。

時にはプロの手も借りて、自分の体にあった補正下着を選ぶようにしましょう。

素材にもこだわる

とにかく冷え性を改善したい!と、無闇に保温・発熱効果があると謳われた補正下着を選ばない方が良いです。発熱効果のある化学繊維は、身体からでた汗や毒素を吸収せず、新陣代謝を妨げる上に血行を悪くしてしまい、逆効果になる可能性もあります。

毎日体に直接触れるインナーですから、どんな素材が使われていて、どんな製法で作られているのかもこだわって選ぶようにしましょう。

編集チームが口コミ、
品揃えなどで5番勝負!

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較

当サイトで紹介している補正下着ブランドの中から、公式サイトに価格が明示してあり、東京都内にサロンを持つ補正下着ブランドを調査。公式サイトおよび公式通販サイトの口コミの総数(※)が多い順に3社を比較しています。※2020年1月時点

価格帯 アイテム数 カラー展開 サイズ展開 口コミの数

ブルーム

公式サイト

2,200~
33,000
17種類 4 B65〜H85 404

マルコ

公式サイト

3,500〜
70,000
12種類 4 A65〜F125 66

ダイアナ

公式サイト

3,500〜
42,000
10種類 3 公式サイトに
記載なし
56

左右にスクロールできます

※口コミの総数は、各ブランドの公式サイトおよびに公式通販サイトに掲載されたものから算出しています。(2020年2月28日調査時点)

5番勝負をもっと見る

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較