ブランド別・補正下着口コミ辞典 » 補正下着の基礎知識 » ブラ(補正下着)の跡が消えない!ブラの跡を消す方法

ブラ(補正下着)の跡が消えない!ブラの跡を消す方法

  

「夕方になるとブラの跡がくっきりついてしまうけれど、どうしたらいいの?」「ブラの跡や黒ずみを消す方法が知りたい」と思っている方もいることでしょう。

当記事では、ブラの跡がついてしまう理由についてまとめるとともに、ブラの跡や黒ずみをうすくする方法などについて詳しく紹介していきます。ブラの跡がつきやすくてお悩みの方は、ぜひ当記事をチェックしてみてください。

ブラの跡を消す方法はある?

はじめに、ブラの跡を消したい場合、どのような方法が有効なのか気になる方もいると思います。ここでは、ブラの跡を消す方法について詳しく解説していきます。

自分の体にあったブラ(補正下着)にする

自分の体型に合ったブラジャーを選ぶと黒ずみ予防に繋がります。ブラジャーの見直しをすると、黒ずみ発生の引き金となる外的刺激の大部分を取り除くことに繋がるのです。しっかりとサイズを測り、体に合ったブラを選ぶようにするとよいでしょう。

むくんでしまう生活習慣の見直し

「ブラジャーの跡がなかなか消えない」とお悩みの方もいると思います。このようなケースは、むくみが原因になっていることが考えられます。

むくみとは、皮膚の下にある皮下組織と呼ばれる場所に余分な水分が溜まっている状態のことです。

女性は男性と比べると筋肉量が少ないことから、脂肪が多くむくみやすい傾向にあると言われています。その上、女性ホルモンの関係もあり、生理前や生理中などは、普段よりも全身に水分が溜まってむくみやすくなります。

以下に、むくみの原因を上げましたのでご覧ください。

  • 水分や塩分の過剰摂取
  • デスクワークや立ち仕事などで長時間同じ姿勢で過ごす
  • アルコールの飲みすぎ
  • 過労やストレス
  • 冷え
  • 肥満
  • このような生活習慣が原因でむくみが生じてしまうことがあるので、改善できるところを見直してみましょう。

    すぐに消したいときは蒸しタオル

    ブラジャー跡が赤い場合、蒸しタオルを使用するのがおすすめです。ブラジャーの跡だけでなくバスト全体に蒸しタオルを当てることで、血流を促して代謝を高める効果が期待できます。

    気になる部分に少し熱めの蒸しタオルを押し当てるようにする方法も有効です。

    ブラ(補正下着)の跡でわかる?どの部分のサイズがあってない?

    ブラの跡がつく場所によってどの部分のサイズがあっていないのかがわかります。ブラの跡がつきやすい場所を確認して、対策していきましょう。

    背中に跡が付く

    背中に跡がついてしまうのは、背中に脂肪が付いている人や肉質が柔らかい人に多い傾向があります。このケースの場合、使用しているブラジャーのタイプが合っていないことが考えられます。

    細いベルトだと柔らかい肉質に食い込みやすいので、幅広のベルトになっているものを選ぶとよいでしょう。

    肩に跡が付く

    ブラジャーをとると、肩のストラップの場所にくっきり跡が残る場合があります。こういったケースではストラップがきつすぎることが考えられるので、調整が必要です。ストラップは、指1本分がスムーズに入るよう余裕を持たせておきましょう。ストラップを緩めると肩紐が下がってしまう場合、伸縮性の高いものにしたり幅の広いストラップにしたりするのがおすすめです。

    アンダー部分に跡が付く

    アンダー周囲に跡がついてしまうのは、アンダーバストがきついことが原因に挙げられます。ホックの位置を緩くしても、くっきりとした跡が残る場合、今使っているブラよりもアンダーバストがワンサイズ大きなものを選びましょう。

    ワイヤーが当たる部分に跡が付く

    ワイヤーの跡が部分的にくっきりついてしまう場合、バージスラインとブラジャーのワイヤーライン(幅)が合っていないことが考えられます。

    ワイヤーの幅が大きい場合、ワイヤーの先端が脇の周辺に当たることによってワイヤー跡がついてしまいやすいです。それとは逆に、ワイヤーの幅が小さい場合は、バストの両サイドの膨らみにワイヤーが乗ってしまうことによって跡がついてしまいやすいと言えます。

    もし、補正下着の跡が黒ずんでしまったらどうしたらよい?

    ブラジャーの摩擦や圧迫などで肌に負担がかかると、黒ずみになってしまう場合があります。もし黒ずみができてしまった場合、どのように対処すればよいのか解説していきます。

    補正下着のサイズを見直す

    黒ずみをこれ以上悪化させないためにも、体に合ったものを選ぶことが重要です。

    まず、自分のバストサイズ(トップとアンダー)を測り、所有しているブラジャーのサイズと見比べてみてください。小さすぎるものにすると、胸を強く圧迫してしまう可能性があります。反対に、サイズが大きすぎるブラは肩紐やベルトが動くことによって摩擦が生じるため、避けるようにしましょう。

    きつすぎないものを選び、自分の体にしっかりフィットするブラジャーを選んでください。サイズだけではなく、素材やデザインについても考慮するとよいでしょう。伸縮性に優れていて体に食い込みにくい素材のものにすると、刺激が生じにくくなると言えます。

    例えば、コットンやシルクなどの素材にすることで肌への刺激が少なくなると考えられます。レース素材のアイテムは、比較的食い込みにくく、バスト周囲への圧迫を軽減できます。ブラジャーのデザインは、ストラップやベルトが広めのものを選ぶと刺激が分散されて、摩擦が生じにくくなるのでおすすめです。

    下着を着用前にボディケアする

    ブラジャーを着用前に、ボディクリームやオイルなどを用いて肌の保湿を行うようにすると黒ずみ予防に有効です。人の肌は、乾燥すると表面の角質が剥がれやすい状態になります。そこにブラジャーの摩擦や圧迫などの刺激が加わると角質がはがれて水分が蒸発し、ダメージを受けやすい状態になるのです。

    そのような状態にならないよう、肌に油分や水分を与えて角質がはがれにくい状態にすることが大切です。べたつきやすい夏は軽い使い心地のジェルを用いるようにして、かさつきやすい冬は油分が多いクリームやオイルなどのアイテムを選ぶとよいでしょう。

    このようなひと手間を加えることによって、肌への負担を軽減できるので、習慣的に行ってみてください。

    下着を脱いだ跡にボディスクラブで肌ケア

    黒ずみになっている部分は、古い角質が蓄積している状態です。そのような古い角質の除去に役立つのがボディスクラブによるケアだと言えます。

    入浴時にボディスクラブを用いて、バスト周囲で黒ずみが気になるところを優しくマッサージするようにしながら角質を取り除くようにしましょう。スクラブを使用する頻度は商品によっても異なりますが、週に1~2回が目安です。

    やりすぎてしまうと肌にダメージを与えてしまうので注意が必要です。ボディスクラブでケアをした後は、しっかりと保湿をするよう心がけましょう。

    規則正しい生活を心がける

    肌のターンオーバーを促すと、黒ずみを軽減するのに役立ちます。

    ターンオーバーとは、肌の生まれ変わるサイクルのことを指します。新しく生まれた細胞が成長していき、古くなった角質が剥がれ落ちていく過程のことを言います。

    ターンオーバーを促すと、黒ずんだ角質がはがれ落ちるのを早めることが可能だと言われているのです。ターンオーバーを促進するためには、栄養バランスのとれた食事や規則正しい睡眠など、生活習慣を整えることが重要です。生活習慣の見直しを行うことと並行して、適切なスキンケアを継続していくのが有効だと考えられます。

    ブラ(補正下着)の跡を消すには、正しいサイズ選びから始めよう

    ブラジャーによる跡や黒ずみなどができてしまわないようにするためには、生活習慣を見直したり保湿を行ったりするなどのケアを行うことが重要です。さらに重要なのが自分に合った正しいサイズのものを選ぶこと。正しいサイズ選びができているか心配な場合、店員さんに相談するのがおすすめです。

編集チームが口コミ、
品揃えなどで5番勝負!

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較

当サイトで紹介している補正下着ブランドの中から、公式サイトに価格が明示してあり、東京都内にサロンを持つ補正下着ブランドを調査。公式サイトおよび公式通販サイトの口コミの総数(※)が多い順に3社を比較しています。※2020年1月時点

価格帯 アイテム数 カラー展開 サイズ展開 口コミの数

ブルーム

公式サイト

2,200~
33,000
17種類 4 B65〜H85 404

マルコ

公式サイト

3,500〜
70,000
12種類 4 A65〜F125 66

ダイアナ

公式サイト

3,500〜
42,000
10種類 3 公式サイトに
記載なし
56

左右にスクロールできます

※口コミの総数は、各ブランドの公式サイトおよびに公式通販サイトに掲載されたものから算出しています。(2020年2月28日調査時点)

補正下着の口コミを含めた
5番勝負をもっと見る

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較