ブランド別・補正下着口コミ辞典 » 補正下着の基礎知識 » 乳がん手術前後の補正下着着用

乳がん手術前後の補正下着着用

  

乳がんの手術前後に補正下着を着用しても問題はないのでしょうか?ここでは乳がん手術前後に補正下着を着用することについて解説した後に、補正下着選びのポイントをご紹介します。

乳がん手術後に補正下着を着用していい?

乳がんの手術前後に補正下着を着用しても良いのか、迷われる方も多いでしょうが、一般的なワイヤー入りや締め付けるタイプの補正下着を着用するのは避けるようにしましょう。特に乳がんの手術後は、締め付けの強いブラジャーによって痛みやむくみが起こることがあります。また手術後は背中に腕をまわしにくくなる人もいるので、補正下着をつけることにも苦労するはずです。

ただし乳がん手術後のために販売されている補正下着なら着用しても構いません。乳がん手術後に着用するなら、専用品として販売されている補正下着を選ぶようにしてください。

参考元:JSTAGE(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jhej/61/6/61_365/_pdf)

乳がん手術前後の補正下着の選び方

ノンワイヤーで締め付けがないもの

乳がんの手術前後には、まずノンワイヤーで締め付けがない補正下着を選ぶようにすることが基本です。締め付けやワイヤーは痛みやむくみなどの原因になるだけでなく、傷口に刺激を与えてしまうこともあるので、口コミをチェックしてゆとりのある補正下着を選ぶのをおすすめします。

前にホックがついているもの

手術後に背中に手がまわりにくい場合は、前にホックがついているタイプを選ぶと便利です。フロントホックのブラジャーやボタンで留めるタイプの前開きブラジャーが良いでしょう。授乳用の前開きブラジャーも使えます。

スポーツ用・パッド付きキャミソール

前にホックがついているブラジャーを持っていない場合、スポーツ用のブラジャーやパッド付きのキャミソールなどでも代用できます。スポーツ用のブラジャーなら頭からかぶるだけで着用できるので、手が後ろにまわりにくくなっている場合でも使いやすいはずです。

乳がんの手術前後に使うために開発された、専用のキャミソールタイプブラジャーも販売されています。患部への負担が少なく、着用しやすいものを選んでください。

バストの形にあうもの

バストの形にあうブラジャーを選ぶことも大切なポイントです。乳がんの手術後は、バストの形が変わり補正下着がずり上がりやすくなることがあります。もし補正下着にずり上がりがあるなら、補正パッドを用いてバストの形を補う方法がおすすめです。補正パッドは市販されていますが、ご自身でバストの形にあわせてビーズや綿などを入れたパッドを手作りされる方もいるようです。

参考元:JSTAGE(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jhej/61/6/61_365/_pdf)

編集チームが口コミ、
品揃えなどで5番勝負!

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較

当サイトで紹介している補正下着ブランドの中から、公式サイトに価格が明示してあり、東京都内にサロンを持つ補正下着ブランドを調査。公式サイトおよび公式通販サイトの口コミの総数(※)が多い順に3社を比較しています。※2020年1月時点

価格帯 アイテム数 カラー展開 サイズ展開 口コミの数

ブルーム

公式サイト

2,200~
33,000
17種類 4 B65〜H85 404

マルコ

公式サイト

3,500〜
70,000
12種類 4 A65〜F125 66

ダイアナ

公式サイト

3,500〜
42,000
10種類 3 公式サイトに
記載なし
56

左右にスクロールできます

※口コミの総数は、各ブランドの公式サイトおよびに公式通販サイトに掲載されたものから算出しています。(2020年2月28日調査時点)

補正下着の口コミを含めた
5番勝負をもっと見る

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較