ブランド別・補正下着口コミ辞典 » 補正下着の基礎知識 » 補正下着とブライダルインナーの違い

補正下着とブライダルインナーの違い

  

美しいボディラインを作るためのアイテムとして、補正下着やブライダルインナーなどが挙げられます。ブライダルインナーというと、ドレスを着る際に使用する下着というイメージが強いですが、補正下着で代用することはできないのでしょうか? ここでは補正下着とブライダルインナーについて、それぞれの特徴や違いについてまとめています。

補正下着とブライダルインナー・何が違うの?

  • 補正下着…ボディラインの美しさを維持するのが目的で、上に着用する服を重視するというよりも、ボディラインを女性らしく見せるためのベースづくりのために使います。長く着用することで、徐々にボディラインを整えていくことが可能です。
  • ブライダルインナー…ウェディングドレスやカラードレスをスタイル良く、美しく着こなせるよう作られた専用インナー。華奢なバストをふくよかに、大きすぎるバストは抑え、ウエストの位置を高くするなど、ドレスにフィットしたボディバランスを実現するためのアイテムです。

このように、補正下着とブライダルインナーは、着用シーンや着用目的が異なります。

ブライダルインナーの種類と使い方

ブライダルインナーには、「ビスチェ」「ブラジャー&ウエストニッパー」「ロングガードル」「フレアパンツ」などがあります。

  • ビスチェ…肩ひもやストラップが無く丈の短いランジェリーで、バストからウエストラインまでを整えます。1枚でバストとウエストのシルエットを整えるため、セパレートよりも締め付け感が無いのがポイント。アクセサリーが映えるよう、デコルテは広めに作られています。
  • ブラジャー&ウエストニッパー…バストとウエストをそれぞれ別々に調整できるため、身体にしっかりとフィットし、よりドレス映えするシルエットを生み出します。ビスチェよりも補正力が強く、長時間着用しても具合が悪くならないよう、事前のサイズチェックが重要です。
  • ロングガードル…お腹周りやヒップラインを整え、下半身を美しく見せるためのアイテム。身体のラインが出やすいマーメイドドレスなどを着る際に活躍してくれます。
  • フレアパンツ…膝丈くらいの長さで、つるんとした生地から成るアイテム。ボディラインを整えるというよりも快適さを重視しており、下着が透けるのを防止したりドレスに汗染みを付けないようにする効果があります。

体型によって上記の4種類を組み合わせ、ビスチェやブラジャー&ウエストニッパーは素肌の上から、ロングガードルやフレアパンツはショーツの上から着用するのが基本的な使用方法です。

ブライダルインナーは補正下着で代用できる?

結婚式を控えている人やパーティに出席する人の中には、「ドレスを着るためだけにブライダルインナーを買うのはもったいない!」「補正下着で代用できないの?」と思っている人もいるかもしれません。ブライダルインナーと補正下着は目的やボディラインの仕上がりが異なるものの、絶対に代用できないというわけではありません。

ただし、補正下着は生地が厚かったり、お腹周りにシワが寄ってしまう可能性があります。そのため、より美しくドレスを着るためには、ブライダルインナーを着用するのがベストです。

編集チームが口コミ、
品揃えなどで5番勝負!

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較

当サイトで紹介している補正下着ブランドの中から、公式サイトに価格が明示してあり、東京都内にサロンを持つ補正下着ブランドを調査。公式サイトおよび公式通販サイトの口コミの総数(※)が多い順に3社を比較しています。※2020年1月時点

価格帯 アイテム数 カラー展開 サイズ展開 口コミの数

ブルーム

公式サイト

2,200~
33,000
17種類 4 B65〜H85 404

マルコ

公式サイト

3,500〜
70,000
12種類 4 A65〜F125 66

ダイアナ

公式サイト

3,500〜
42,000
10種類 3 公式サイトに
記載なし
56

左右にスクロールできます

※口コミの総数は、各ブランドの公式サイトおよびに公式通販サイトに掲載されたものから算出しています。(2020年2月28日調査時点)

5番勝負をもっと見る

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較