ブランド別・補正下着口コミ辞典 » 補正下着の基礎知識 » 補正下着の歴史

補正下着の歴史

  

移り変わる時代の中で、補正下着にも諸説を含め、歴史があります。ここでは、戦前から戦後、そして現代においてどのような歴史があるのかまとめています。

戦前の補正下着

下着が誕生したのは紀元前3000年頃で、当時は適当な大きさの布を腰に巻き付けていました。その時の腰布が下着の起源であるといわれています。

戦前、明治時代初期の頃の日本女性の服装は和装が主であり、一般女性は下着を身に付ける習慣がありませんでした。昔のショーツはおへそまで隠れるタイプのものであることから、帯の下に挟まれてしまい、トイレの後に着崩れしてしまうことが理由でした。現代でも、和装の時は下着のラインが着物に出てしまうのを避けるために、下着を身に付けない人もいます。

少しずつ、日本が世界に対して開けてきた明治10年代から20年代のはじめ頃は、上流階級の情勢たちは洋服を着用し始めました。同時に、コルセットなどの補正下着を着用しています。昭和5年から昭和14年になると、一般女性も下着を身に付ける習慣が始まり、「ズロース」(現代ではドロワーズ)と呼ばれるゆったりした半ズボン状の下着を着用していました。

そんな中、補正下着で歴史があるのがコルセットです。西洋では、14世紀後半から男女問わず補正用下着として着用していました。特に、男性は軍服の下に着用をしていたとされています。

戦後の補正下着

ブラジャーが誕生したのは、昭和24年、下着メーカーで有名な株式会社ワコールの創業者塚本幸一氏がブラパットに出会いました。女性の洋装化を予想していた塚本氏は、その後昭和26年に、今のブラジャーに近い形の下着を開発しています。

日本が高度成長期に入った昭和30年、外国のファッションブランドが日本に次々に上陸し、日本女性が洋装化しました。服装にあわせて、下着もデザイン化されていき、現代のような下着の分化が形成されていきます。

現代の補正下着

女性が好きなファッションを思い思いに楽しむようになった現代では、美しいボディラインをつくるために、補正下着を愛用する人も増えています。

補正下着は、「ファウンデーション(服飾)」といわれ、メイクの時のファンデーションと同様、洋服を着用する前に体の土台をきれいに整える役割を果たすものになります。補正下着と聞くと、どうしてもコルセットのように体を締め付けるイメージがあります。しかし実際は、補正下着は体型の崩れが気になるときやおしゃれしたいとき、またボディラインを整えたいときに付ける下着のことを指します。

そのため、補正下着と矯正下着には違いがあり、「補正力を強調するのが補正下着」「スタイルアップを強調するのが矯正下着」になります。女性のバストやボディラインを美しく見せてくれる補正下着は、時代のニーズにあわせながら今後も進化していくことでしょう。

編集チームが口コミ、
品揃えなどで5番勝負!

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較

当サイトで紹介している補正下着ブランドの中から、公式サイトに価格が明示してあり、東京都内にサロンを持つ補正下着ブランドを調査。公式サイトおよび公式通販サイトの口コミの総数(※)が多い順に3社を比較しています。※2020年1月時点

価格帯 アイテム数 カラー展開 サイズ展開 口コミの数

ブルーム

公式サイト

2,200~
33,000
17種類 4 B65〜H85 404

マルコ

公式サイト

3,500〜
70,000
12種類 4 A65〜F125 66

ダイアナ

公式サイト

3,500〜
42,000
10種類 3 公式サイトに
記載なし
56

左右にスクロールできます

※口コミの総数は、各ブランドの公式サイトおよびに公式通販サイトに掲載されたものから算出しています。(2020年2月28日調査時点)

補正下着の口コミを含めた
5番勝負をもっと見る

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較