ブランド別・補正下着口コミ辞典 » 補正下着の基礎知識 » 何歳からつけるべき?

何歳からつけるべき?

  

補正下着というと、崩れた体型を元に戻すイメージがありますが、実際に補正下着を購入している年齢層は結構幅が広く、10代から使用している女の子もいるのだとか。

補正下着をつけ始めるのに適した年齢ってあるのでしょうか?ちょっといろいろと調べてみました。

10~20代で補正下着をつけるのは早い?

10~20代の若い頃は、ブラジャーやパンツはかわいいかどうかだけで選んでいる方も多いでしょう。最近はプチプラでカラフルな下着もたくさん販売されていて、デザインや価格重視で下着選びをしている方も多いでしょう。スタイルアップ重視でも「寄せて上げるブラ」ぐらい。

もともと年齢が若いうちはバストもヒップも垂れていませんから、補正下着は必要ない!と感じるのかもしれません。ただ美容意識が高い方は、10~20代のうちからかわいい服の下に補正下着を忍ばせていることも珍しくないようです。

補正下着=おばさんと思ってない?

補正下着というと、「きつそう」「苦しそう」といったイメージのほか、「地味なデザインでおばさんみたい」と思い込んでいる方も多いはず。

確かに補正下着は年齢を重ねることで崩れてきたボディラインを整えてくれるため、30代以上の女性に人気があります。しかし10~20代でも「あとちょっと太ももがすっきりしていれば…」「もっとバストの形を整えたい!」という方はいるはず。

最近販売されている補正下着では、美しいデザインや明るめカラーなど若い女性が着けていても違和感のないものが多くあります。補正下着はおばさんクサイ!と決めつけず、自分のサイズと好みに合った補正下着を試してみてくださいね。

スタイルアップを叶える補正下着を10代から着けている人も

いくら若い頃は体型が崩れていないからといっても、自分の体型にコンプレックスを持っている10~20代女性は少なくありません。その場合ダイエットなどで結果を出そうとしているかもしれませんが、ダイエットと併せて補正下着を取り入れてみるのがおすすめです。

また、10代でもスタイルアップのために補正下着をつけている女性もいます。普段から着用している方もいれば、ちょっとドレスアップしたい日にお助けアイテムとして着用している方もいるでしょう。体型が気になったときが補正下着を試すべきとき。補正下着の効果を上手に取り入れて、理想の自分に一歩近づきましょう!

ただし10代といっても、体がしっかり成長してある程度脂肪がついてからの着用がおすすめです。

とくに20代後半は体型の曲がり角。今のうちから土台作りを!

20代後半ともなると、垂れ始めたヒップやハリがなくなってきたバスト、たるみ始めたお腹や背中など気になる部分が出てきます。まだ体型の崩れが始まったばかりのためのんびり構えている方も多いと思いますが、その段階からの補正下着の着用がおすすめです。

自分に合ったサイズの補正下着を正しく着用することで、ボディラインを美しく保てます。体型の曲がり角といわれる20代後半のうちに、補正下着でいつまでも美しいボディラインの土台づくりをおこないましょう。

産後は5か月間が勝負!補正下着で元の体型に戻そう

補正下着は産後の体型戻しにも役立ちます。太いウエストに大きなおしり、出産したはずなのに前に突き出たお腹などなど、産後の体型に悩む女性は多いはず。妊娠・出産によって変わってしまった体型を元に戻すためには、産後5か月間が勝負だといわれています。子育てが落ち着いてきた産後1年後以降にどうにかしようとしてもちょっと遅いのですね。

産後間もなくは想像した以上に体にダメージを負っています。とくに子宮には大きな負担がかかっていたわけですから、サイズの合った補正下着を正しく着用し、子宮の弛緩を防止してあげると良いでしょう。

年齢別に見る補正下着の選び方

20代の補正下着の選び方

20代後半は、「体型の曲がり角」と言われています。補正効果のあるファンデーション(補正下着)をできるだけ早く身に付け、若いうちからの土台作りをしっかり行いましょう。

とはいえ20代ならば、まだバストやヒップが垂れ下がることなどはあまりないため、簡単なスタイルアップの補正下着を選ぶのが良いでしょう。

20代の補正下着の選び方に
ついて詳しく見る

30代の補正下着の選び方

30代になり、途端に身体の変化を感じている女性は多いもの。バストやヒップの垂れ下がり、背中や脇のハミ肉など、20代まで意識してこなかったことが気になる年代です。

今までとサイズが同じでも、筋力の衰えとともに体型は変化。ハミ肉や下垂を補正してくれる下着を考慮に入れながら、補正下着を選ぶ必要があるでしょう。

30代の補正下着の選び方に
ついて詳しく見る

40代の補正下着の選び方

40代以降になると、胸元や背中が整っておらず残念に見えることも。

体型が変わるだけでなく、肉質が柔らかくなることで下着のラインが目立つなど、さまざまなトラブルを感じるようになるのが40代です。

そのほかにも、肌トラブルの起こりやすい年代なので、上質な肌触りのやさしさにこだわった補正下着を選ぶのが良いでしょう。

40代の補正下着の選び方に
ついて詳しく見る

50代の補正下着の選び方

体の老化をどうしても感じてしまう50代。どうしても下着は機能性重視になってきます。

機能はもちろん、お肌にやさしい素材の、バストやヒップ全体を包み込んでくれる、自然な設計の補正下着がおすすめ。締めつけ感のないストレスフリーの着心地を重視しましょう。

50代の補正下着の選び方に
ついて詳しく見る

年齢が体形に出やすい場所

胸(バスト)

年齢がすすむにつれ、避けようのない体の老化。とくにアラフォー女性が特に悩むのが「バストの下垂れ」です。

また、脇の肉がブラジャーからはみ出したり、カップに隙間ができてしまったり。「昔は綺麗な形だったのに…」と、バストに関する悩みは尽きません。

バストの悩みに
ついて詳しく見る

お腹周り

加齢とともに気になるパーツ「お腹周り」または「ウエスト」。比較的痩せている人でもおお腹周りだけはボリュームが…という人も多いことでしょう。

年齢とともに、ちょっとやそっとの運動やエクササイズではなかなか引き締めにくく、脂肪が落としにくい気になるパーツです。

お腹周りの悩みに
ついて詳しく見る

二の腕

女性の7割以上が気にすると言われる「二の腕」。手を振るときにたるんだ部分が揺れるのが恥ずかしく、ノースリーブなどの洋服を着たくても我慢してしまう、なんてことも。

冬は基本的に隠れているパーツなので、あたたかくなった季節に改めて鏡を見て、愕然とする人が多いようです。

脂肪は「形状記憶合金」?

「形状記憶合金」とは、眼鏡のフレームなどに使用される素材で、強制的に形を変えられても1度記憶した形状に戻る性質を持つ金属のことです。実は人の脂肪にも、形状記憶合金と同じような性質が。

いつもゆったりした下着や、サイズが合わなくてお肉がはみ出したような下着をつけていると、脂肪がその形を記憶してしまい、なかなか理想のラインになってくれない、という危険があるのです。

逆に考えると、若いうちから補正下着でお肉を正しい位置にキープするようにしておけば、脂肪がその形を記憶して、美しいプロポーションを保つようになる、ということですよね。

こうすれば、もし一時的に太ってしまったりしても、体型を元に戻すのは比較的簡単になります。結論。補正下着の着用は、早ければ早いほど良い、と言えるでしょう。

編集チームが口コミ、
品揃えなどで5番勝負!

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較

当サイトで紹介している補正下着ブランドの中から、公式サイトに価格が明示してあり、東京都内にサロンを持つ補正下着ブランドを調査。公式サイトおよび公式通販サイトの口コミの総数(※)が多い順に3社を比較しています。※2020年1月時点

価格帯 アイテム数 カラー展開 サイズ展開 口コミの数

ブルーム

公式サイト

2,200~
33,000
17種類 4 B65〜H85 404

マルコ

公式サイト

3,500〜
70,000
12種類 4 A65〜F125 66

ダイアナ

公式サイト

3,500〜
42,000
10種類 3 公式サイトに
記載なし
56

左右にスクロールできます

※口コミの総数は、各ブランドの公式サイトおよびに公式通販サイトに掲載されたものから算出しています。(2020年2月28日調査時点)

5番勝負をもっと見る

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較