ブランド別・補正下着口コミ辞典 » 補正下着の基礎知識 » 産後ガードル(補正下着)はいつから使ったらよい?

産後ガードル(補正下着)はいつから使ったらよい?

  

産後およそ1ヶ月ほどになると、女性の身体の状態はほぼ回復する一方、ウエストやおなかまわりには妊娠脂肪が残っています。そんなときは、産後ガードル(補正下着)を使いながら、シェイプアップを行ってみましょう。

産後ガードル(補正下着)はいつから履ける?

普通分娩

普通分娩で出産した方は、産後およそ1~2カ月頃から産後ガードル(補正下着)を使用することができます。

「すぐにでも使いたい!」と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、産後の出血や悪露(おろ)が終わり、体調が落ち着いてから着用しなければ、健康に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。また体調の回復には個人差があるため、無理な着用は禁物です。

帝王切開

帝王切開で出産した方は、産後およそ2~3カ月頃を目安に産後ガードル(補正下着)を使っていきましょう。着用開始まで普通分娩よりも時間が必要なのは、傷口が落ち着いてから使用する必要があるからです。

産後ガードルのタイプにも、柔らかい肌触りのものや、傷口に触りにくいタイプもあります。また、締め付けを調整できるタイプのものも選べれば、帝王切開で出産した方でも着用しやすいでしょう。いずれにせよ、使い始めるタイミングは傷口の状態や回復の具合と相談しましょう。

そもそも産後ガードル(補正下着)とはどんなアイテム?

産後ガードル(補正下着)とは、出産後の気になるウエスト、ヒップ、ふともも、おなかの引き締めを行い、骨盤サポートを行ってくれるアイテムです。出産後、女性の身体は徐々に回復していき、産後3ヶ月頃までは特に回復しやすい時期とされていますので、ボディラインを整えるために着用されています。

産後の身体が回復するにつれて、食生活も元に戻り、おでかけの機会なども増えていきます。そんななか、気になる妊娠脂肪はなかなか落ちてくれないものです。衣服のシルエットが気になる方のために、産後の女性を考えて設計されています。

産後ガードル(補正下着)の種類

産後ガードル(補正下着)には、一般的に締め付けるパワーの好みに合わせて、「ハード」「ミディアム」「ソフト」といった種類が展開されています。

さらに「ウエスト丈の長さ」、「すそ丈の長さ」、「補正力」も適切な種類を選ぶためにチェックしたいポイントになってきます。

ウエスト丈の長さ

産後ガードル(補正下着)のウエスト丈の長さは、自分がなりたいボディシルエットにあわせて選びましょう。ただし、体調が回復しきっていない産後の状態では、腹部を締め付けないことが大切です。まずは体調に気をつけながら、腰部分までウエストがあるローウエストのものを選ぶとよいでしょう。

体調が戻ったら、より補正力のあるものを検討してみましょう。ハイウエスト丈の産後ガードルなら、お腹全体も覆うことができ、美しいくびれをつくることもできるでしょう。

すそ丈の長さ

産後ガードル(補正下着)には、すそ丈の長さとして、「ショート丈」「ミドル丈」「ロング丈」があります。丈の長さに応じて、太ももの補正を行っていくことができます。ただし、すそ丈が長くなると、動きにくさを感じたり、着け心地が苦しいこともあるかもしれません。使用頻度なども考慮して、自分に合ったものを選びましょう。

産後ガードル(補正下着)で、すそ丈の長さを選ぶなら、普段の服装とあわせて選ぶこともポイント。すそ丈の長さによっては、太ももとガードルの間の部分がぽっこりと浮き出でしまったり、ミニスカートのときに見えてしまったりと、服装からすれば、あまり好ましくない場合もあります。普段の服装の傾向にあわせて、使用する産後ガードル(補正下着)のすそ丈の長さを選びましょう。

補正力

産後ガードル(補正下着)の補正力=締め付ける強さは、高くなるほど履き心地がいまひとつになってしまう傾向にあります。逆に、補正力が低い産後ガードルは履き心地が良いでしょう。どちらを重視するのか、検討して種類を選ぶことになります。

補正力の種類も、一般的に「ソフト」「ミディアム」「ハード」の三種類があります。メーカーによっては、補正力の記載がない場合もあります。

ハードやミディアムの補正力がある産後ガードルには、より深い履き込みになっている「ハイウエストタイプ」も。ウエストをしっかり包み込むため、おなかまわりの気になる脂肪も引き締めてくれるでしょう。

産後ガードル(補正下着)はいつまで着ければOK?

産後ガードル(補正下着)に使用期限はありません。ただし、「いつまで着用すべき」といった決まりはないですが、体型が戻るまで、およそ6ヶ月間ほど使用することが多いと言われています。そのため、具体的に目安となる時期としては、産後およそ半年までということになるでしょう。

産後の体型の戻り具合については個人差があります。ウエストをしっかりと包み込んでくれる産後ガードルの着け心地が良いなら、その後も継続的に使用し続けることができます。着用するシーンや合わせる服装などにも気をつけながら、使いやすい産後ガードルでシェイプアップを続けてみましょう。

産後ガードルのサイズ選びのポイントはウエストとヒップ

次に、産後ガードル(補正下着)のサイズ選びですが、「それぞれのウエストとヒップに合わせたものを選ぶ」ことがポイントです。産後ガードルのサイズが大きすぎるとシルエットを整えることができませんが、反対に、サイズが小さすぎても着用することが苦しくなってしまいます。効果的に使用するには、サイズが重要なのです。

また産後の体型を計測して、サイズを選ぶのが良いですが、出産前から産後ガードルを選ぶなら、妊娠8カ月前後のタイミングのヒップサイズを参考にするとよいでしょう。

メーカーによっても選び方は異なってきますが、体重の変化も大事なポイントです。妊娠前に比べ、10kg以上増えている場合は、想定しているよりひとまわり大きなサイズがオススメです。

産後ガードル(補正下着)とガードルの違い

産後ガードル(補正下着)と一般的なガードルの違いとしては、メーカーや種類にもよりますが、骨盤をサポートする機能が付いているかいないか、という点があげられます。産後は、元に戻ろうとする骨盤まわりのサポートも重要であるため、産後ガードルを使う方が良いのです。

また、普通のガードルと比べ、履き込み丈がより深いことも産後ガードルの特徴。さらに、育児中に使えるようにストレッチ性があり、産後の身体に負担がかかりすぎないようになっています。

産後ガードル(補正下着)を選ぶ時に失敗しないポイント

自分にあった産後ガードル(補正下着)を選ぶ際に、チェックしておきたいポイントを紹介します。失敗しないために抑えておきたいポイントは、産後ガードルのサイズ、素材、そして価格です。詳しくみていきましょう。

サイズに合った産後ガードル(補正下着)

産後ガードル(補正下着)選びでは、ウエストとヒップの採寸を必ず行い、自分のサイズにあったものを選びましょう。サイズが細かく分かれているのも、産後ガードルの特徴。サイズのあったものを見つけられるでしょう。

また、採寸したサイズと同じ数字の産後ガードルでも、実際に着用すると苦しい場合もあります。ウエストとヒップのサイズが、2サイズにまたがってしまうことも。こういった場合は、大きめのサイズにあわせて選ぶことがおすすめです。

素材をチェックする

履き心地の良さを左右するポイントには、素材のタイプもあります。蒸れや肌触りといった着用中の悩みを解決するために、産後ガードル(補正下着)の素材も、あわせてチェックしておきましょう。細部のつくりでは、チャックやファスナーが肌に触れないタイプのものほど、快適な産後ガードルですよ。

帝王切開で出産された方は、より装飾性の少ない産後ガードルがおすすめです。さらに、シームレスなつくりになっていれば、縫い目やファスナーが傷にあたらないため、着用しやすいでしょう。

背伸びしすぎた価格ではないかチェック

産後ガードル(補正下着)では、価格もさまざま。しかし、高額だからと言って、着用しやすいものであるとは限りません。重要なのは、サイズや素材はもちろん、価格としても、自分に合ったものを選ぶことです。

産後の体型を元に戻すために張り切ることは、悪いことではありません。ただし、体調の回復や体に負担がかからないようにすることはもちろん、お財布的にも無理をしすぎないことが大切です。

まとめ

ここまで、産後ガードル(補正下着)を使いはじめるタイミングや、産後ガードルの特徴、種類、さらには選び方などを紹介してきました。産後ガードルは、体調の回復にあわせて着用することで、気になる妊娠脂肪を引き締め、美しいボディシルエットに補正していくことができます。種類によっては骨盤のサポートも行ってくれるものもありますので、便利に使うことができます。

産後ガードル選びでは、小さすぎないサイズはもちろん、身体に無理をかけず、自分に合ったものを選びましょうね。

編集チームが口コミ、
品揃えなどで5番勝負!

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較

当サイトで紹介している補正下着ブランドの中から、公式サイトに価格が明示してあり、東京都内にサロンを持つ補正下着ブランドを調査。公式サイトおよび公式通販サイトの口コミの総数(※)が多い順に3社を比較しています。※2020年1月時点

価格帯 アイテム数 カラー展開 サイズ展開 口コミの数

ブルーム

公式サイト

2,200~
33,000
17種類 4 B65〜H85 404

マルコ

公式サイト

3,500〜
70,000
12種類 4 A65〜F125 66

ダイアナ

公式サイト

3,500〜
42,000
10種類 3 公式サイトに
記載なし
56

左右にスクロールできます

※口コミの総数は、各ブランドの公式サイトおよびに公式通販サイトに掲載されたものから算出しています。(2020年2月28日調査時点)

補正下着の口コミを含めた
5番勝負をもっと見る

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較