ブランド別・補正下着口コミ辞典 » 補正下着の基礎知識 » 補正インナーとは

補正インナーとは

  

着用することでボディメイクできる、補正下着。補正下着にもいろいろと種類があるのをご存知ですか?
ここでは、補正インナーについて、わかりやすく紹介していきます。

補正インナーとは

補正インナーというのは、一般的に言う補正下着に比べてソフトな締め付け感が特徴の、インナー型の補正下着。ピタッとしたシャツのような袖のあるインナーで、お腹周りや背中、二の腕を引き締めてくれるインナーです。
パッと見ただけでは普通のインナーに見えるので、補正下着をバレずに着たい方にもオススメです。

補正インナーのメリット・デメリット

補正インナーのメリット

補正インナーは、なんと言っても補正できるのに付け心地が楽。補正下着は苦手な人でも、補正インナーなら着けていられるくらい楽な着け心地がメリットです。
また、他の人からわかりづらく、着用が簡単なこともあるので、旅行などお泊まりにも気軽に着けて行くことができます。
それに加え、少し暑くなった季節には補正下着が外からわかりやすくなりますが、補正インナーなら、洋服の上からも普通のインナーと変わらないので他の人からわからないのが嬉しいポイントです。

多くの補正下着でカバーしきれない二の腕のカバーができるのも、補正インナーの良いところ。二の腕のたるみに悩んでいるなら、補正インナーの着用がおすすめです。
補正インナーは、補正下着に比べて価格もお手頃なものが多く、手軽に取り入れやすいのも特徴です。補正下着をちょっと試してみたいなら、入り口としてちょうどいいチョイスだと言えます。

補正インナーのデメリット

補正インナーは、価格が手頃で普通のインナーと見た目が似ている分、締め付け力は一般的な補正下着の中では弱めです。
強力なサポートでガチガチに補正する正統派補正下着というよりは、スッキリ見せる、たるみを解消するというくらいの感覚です。

自分が求めている効果を考えて、必要であれば正統派補正下着との併用もおすすめします。

補正インナーでカバーできる部位

補正インナーは、締め付けは強くはないものの、面積が大きい分、広い範囲をカバーすることができる下着です。
一般的な補正インナーなら、上半身胴体、腕、下腹部にかけての着用範囲になるため、二の腕、背中、ウエストサイド、腹部上下を全体的にスッキリと見せてくれます。また、バストに対しても、綺麗な形に整えるサポート機能があるものもあります。

締め付けが苦手な人にもオススメ

補正インナーは、上半身全体をスッキリと見せてくれる効果が期待できますが、同じような補正下着の中でも、特に締め付け感が少なくて済むというのが大きな特徴です。
普通の下着でも、締め付け感が苦手な人が多く、近年では楽な着け心地を売りにしている下着も多く出回っています。

補正インナーは、そのような締め付けが苦手、でも綺麗に見せたい、ボディメイクをしたいと思っている人にこそ、最初に挑戦してもらいたい補正下着が補正インナーです。

初めからガチガチの補正下着を取り入れるのは…という方は、補正インナーから検討してみるのも良いでしょう。

編集チームが口コミ、
品揃えなどで5番勝負!

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較

当サイトで紹介している補正下着ブランドの中から、公式サイトに価格が明示してあり、東京都内にサロンを持つ補正下着ブランドを調査。公式サイトおよび公式通販サイトの口コミの総数(※)が多い順に3社を比較しています。※2020年1月時点

価格帯 アイテム数 カラー展開 サイズ展開 口コミの数

ブルーム

公式サイト

2,200~
33,000
17種類 4 B65〜H85 404

マルコ

公式サイト

3,500〜
70,000
12種類 4 A65〜F125 66

ダイアナ

公式サイト

3,500〜
42,000
10種類 3 公式サイトに
記載なし
56

左右にスクロールできます

※口コミの総数は、各ブランドの公式サイトおよびに公式通販サイトに掲載されたものから算出しています。(2020年2月28日調査時点)

5番勝負をもっと見る

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較