ブランド別・補正下着口コミ辞典 » 【アイテム別】ウエストニッパーの口コミ評判

【アイテム別】ウエストニッパーの口コミ評判

  

ウエストニッパーを実際に着用している人の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください。

ウエストニッパーとは

ウエストニッパーは胸の下からウエストまでのボディーラインを引き締めるための補正下着です。コルセットと違い伸縮性があり、ウエストラインを作るというよりも着用し続けることでラインを整えます。ホックやファスナーで着脱するタイプが多く、ホックは数が多いほどしっかり締まります。産後ケアに使われているのは布地だけのソフトなタイプが多いようです。

ウエストニッパーの効果に関する口コミ評判

ブライダルサロンで見て興味

ブライダルインナーを試着した時に飾ってあるのを見て興味を持ち購入しました。はじめのうちは少し違和感がありましたが、慣れると着用した方が安心できます。ウエストがキュッと締まり、背中が伸びて姿勢が良くなるのも嬉しいです。

慣れていない人は一つ上のサイズでも

サイズを測って購入しましたが意外とゆるく感じたので購入元に相談したところ、きつすぎるものは肉が乗って跡になるそうです。初めて補整下着を使う人はいずれ伸びるからときつめを買うより、くびれ効果はあるので自分のサイズよりワンサイズ大きめでしっかりフックが留められるものを選んだ方が良さそうです。

ずっと着けていられる

下腹部や腰のぜい肉、くびれのないずんどう体型でしたが、ウエストニッパーを着けるとちゃんとくびれができます。苦しさがないので朝から晩まで着けてもストレスがありません。ダイエット中なのですが、痩せてワンサイズ下のニッパーがつけられるようになるという目標にもなっています。

ウエディング以外でも使える

ブライダル専用のウエストニッパーもあったのですが、普段使いをすることを考え、専用ではないものを購入しました。結果的にブライダルインナーより値段は安く、補整力があり、楽なのにくびれもきれいに出ました。

きれいなくびれができる

太ってしまったけれど、運動を日常的にする時間がなく、すがる気持ちで購入してみたところ、ホックを全部留めたらきれいなくびれができました。ホックを留めるのは面倒ですが、着用後は特に苦しくもきつくもありません。効果と機能にびっくりです。

腰痛対策に使っています

座り仕事なので腰痛対策として購入しました。着けると背筋が伸びた気がします。伸縮性があるので動きやすく、しっかり固定されながらも捲れたりということもありませんし、洋服の上から目立つこともありません。なお、くびれ目的でなく腰痛対策ならきつめのサイズでない方が良いと思います。

産後のたるみに使用

産後のたるみを引き締めるために購入しました。きついかと思いましたが程よい圧迫感で、苦しくなく快適です。また、帝王切開をしているのですが丈の長いものを選ぶとキズにあたって痛くなることがありません。

痩せた?と言われました

ウエストニッパーをつけるとくびれはもちろん自然に背筋が伸びて姿勢が良くなるのでスタイルが良く見えるようになります。「痩せた?」と言われるほどで、自分の体型ではないみたいです。正しい方法でニッパーを入れ込むことで、ブラジャーも1カップ上のサイズになりました。

胸にも効果があった

昔着ていたワンピースをパツパツにならず着れるようにと購入しました。

効果が早く出るようにとワンサイズ下を頼んだところやはりきつすぎましたが、交換対応をしてもらえて助かりました。体のラインが出る服を着る時には必ず着用しています。もうウエストニッパーをなしの生活は考えられません。

着け心地も効果も◎

コルセットを愛用していましたが終日つけ続けるのがストレスで、ウエストニッパーに替えてみたところ、コルセットより着け心地が軽いのにウエストラインの効果がちゃんとできました。

姿勢矯正にもよさそう!

ウエストのお肉がシュッとなります。つけていても苦しくないのにちゃんと補正をしてくれます。程よい締め付け感で、姿勢の矯正効果もありそうです。

ウエストニッパーの口コミ評判の総評

お腹のくびれだけでなく、良い姿勢を保ったり、バストアップできたりと、人によってさまざまな用途に活用できるウエストニッパー。あまりきつすぎないサイズでもくびれ効果は出るとの意見が多いようです。

スタイルが良く見えるという意見もあり、腰回りの体型を整えるにはピッタリな補正下着といえます。

ウエストニッパーの特徴

ウエストニッパーは、ウエスト部分に特化した補正下着のことです。バストの真下から、ウエストにかけてのラインを補正する役割があり、おもにウエスト全体をカバーするため、美しい姿勢を保ちながら、女性らしい身体のラインを引き出します。

また、ボディスーツが身丈に合わない、サイズがないといった場合に、ウエストニッパーとほかの補正下着を組み合わせて着用します。

「コルセット」とも似ていますが、ウエストニッパーは伸縮性があり、コルセットほどの補正力はないため目的によって使いわけましょう。

ウエストニッパーの種類

ウエストニッパーのほとんどは、フックとチャックがついていますが、なかにはフックなしのものもあります。また、締め具合を調整できるハードタイプや、装飾的な楽しみを目的としたソフトタイプがあるため、使用する目的を決めてから、選ぶようにしましょう。

産後の方には、マジックテープなどのワンタッチ型タイプもあります。

メリット

ウエストニッパーのメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 着脱がしやすい
  • 伸縮性がある
  • お腹周りが圧迫されるため、食べすぎ防止につながりやすい
  • ウエストから背中全体をサポートするため美しい姿勢を保ちやすい

ウエディングドレスを着用する際に使用したという声も寄せられていました。崩れやすい姿勢が美しく保てるのは、助かりますね。

デメリット

ウエストニッパーのデメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 即効性がない
  • 夏場にムレやすい
  • 腹部圧迫により負担がかかりやすい

夏場はどうしてもムレがちになります。素材や通気性のあるものを選んで、心地よく着用できるようにしましょう。

また、就寝時も着けて眠るなど、長時間着け続けるのは、内臓などへの負担がかかるため、注意が必要です。

ウエストニッパーの着用方法

フックがたくさんついているものが多いウエストニッパー。正しく着用して、美しい姿勢を保ちましょう。

  • 先にブラジャーをつけておく
  • フックを前にして、ウエストニッパーを巻きフックを留める
  • フックを背中側に回し、前後の中心が合っているか確認する
  • ウエストニッパーの中に手を入れ、ウエストやお腹周りの脂肪を引き上げながら、ウエストラインを整えていく

ポイントは、先にブラジャーをつけておくことです。ブラジャーとウエストニッパーの間に隙間ができないようにすることが重要なので、ブラジャーの上にウエストニッパーの上辺が、少しかぶさるようにしましょう。

体型によるウエストニッパーの選び方とポイント

自分のサイズにぴったり合うものを選ぶ

ウエストを細くしたいと考えている人は、「締め付けが強い方が早く細くなりそう…」と思いがち。しかし、サイズが小さすぎる物を選ぶのはおすすめできません。サイズの合っていないウエストニッパーを着けると血行が悪くなり、めまいやむくみなどの体調不良を起こしやすくなります。

目安は、ウエストニッパーの上から手が入る程度のゆとりです。ガードルのサイズを参考に、選んでみるのも良いでしょう。特にウエストニッパーを初めて買う人は、経験豊富なスタッフに採寸してもらうのが最適です。

素材を確認する

ウエストニッパーには、夏場にムレやすいというデメリットがあります。ムレはかぶれやかゆみなどを引き起こすので、肌トラブルを防止するためにもなるべく通気性に長けた素材を選びましょう。

おすすめはメッシュ生地です。長時間着用してもムレにくく、季節を問わず使用できます。またメッシュ生地にはほど良い締め付け感があるため、長時間の使用でも息苦しさを感じにくいです。

1人で着られるものを選ぶ

1人で着脱できるかも、ウエストニッパーの選び方のポイントです。ウエストニッパーにはソフトタイプとハードタイプがあり、チャックで簡単に着られるものもあれば、紐できつく縛らなければならないものもあります。

紐タイプは1人での着脱が難しいので、購入後に「1人で着られないのを知らなかった」と後悔しにためにも、しっかりと試着してから買いましょう。通販サイトで詳しく説明されていない場合は、電話やメールで問い合わせてみてください。

より簡単に着脱したい人は、マジックテープや布地だけのソフトタイプを選ぶのがポイントです。

効果重視か利便性重視か

1人での着脱が難しいハードタイプのウエストニッパーは、締め付け感が強く効果が現れやすいというメリットがあります。ホックが多いものや紐で締めるものは、早く効果を実感できるのです。

一方でマジックテープやチャック、生地のみのウエストニッパーは即効性こそ低いものの、ソフトで身軽な着け心地があり、普段使いに向いているでしょう。食事中に簡単に緩めることも可能で、産後の敏感な身体にも適しています。

普段着る洋服に合わせる

ウエストニッパーにはショートタイプとロングタイプの2種類があり、それぞれ丈や形が違います。ロングタイプは肩紐が付いているものが多く、ウエストの引き締めだけでなくバストを上向きに保つ効果もありますが、オフショルダーや首回りの広い服を着る場合は肩紐が出てしまうため適していません。

一方、ショートタイプは肋骨から腰回りを覆うコルセットのような形をしており、肋骨を抑えつつウエストを引き締める効果が期待できます。バストの補正効果はないものの、どんな服にも合わせやすいのもメリットです。

またオフィスで着用する場合は、ブラックなどの濃い色よりもベージュやピンクなど、色にも気を付けてみてください。

編集部が口コミ、
品揃えなどで5番勝負!

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較

補正下着ブランド17社の中から、公式HPに価格が明示してあり、東京都内にサロンを持つ補正下着ブランド「ブルーム」「ダイアナ」「マルコ」の3社を比較しています。

価格帯 アイテム数 カラー展開 サイズ展開 口コミの数

ブルーム

公式サイト

2,200~
33,000
17種類 4 B65〜H85 404

マルコ

公式サイト

3,500〜
70,000
12種類 4 A65〜F125 66

ダイアナ

公式サイト

3,500〜
42,000
10種類 3 公式サイトに
記載なし
56

左右にスクロールできます

※口コミの総数は、各ブランドの公式サイトおよびに公式通販サイトに掲載されたものから算出しています。(2020年2月28日調査時点)

5番勝負をもっと見る

東京にサロンがある
3ブランドを徹底比較